« 上海料理 碧華楼 (横浜 桜木町 野毛) | トップページ | 手摘み茶 »

5月8日 横浜能楽堂を観ての印象

毎月第2日曜日は横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日と言う事で横浜能楽堂では横浜狂言堂というものが開催されている。今回は上野で写楽展を観た後に能楽堂に行く。

今月の出演は山本家に方々。解説は東次郎氏。今回は狂言が終了してからの解説になる。

布施無経はもう何回も観た狂言、東次郎氏も解説で言っていたが数年前にこの曲を山本家・茂山家・又三郎家の三家が続けて演じるという企画がここ横浜能楽堂でありその時、私も横浜能楽堂で観ている。実はその企画はそのころ私が横浜能楽堂に行くたびにアンケートに対して書いていたもの。「同じ演目の狂言を違う家でどう違うか見比べてみたい。無理だとは思うが一緒の狂言の会で同じ狂言を違う家が演じるのを観てみたい」と書いていた。それが現実のものになった。多分各家がやりづらくて大変だったと思う。その時なぜ演目が布施無経になったのかは今だに分かりません。今回の布施無経は東次郎氏と則孝氏の組み合わせ。まぁこれはこれで良い狂言だったかな・・・。ただ出てくる人物が2人の場合、東次郎氏の相手は則俊氏もしくは泰太郎氏の方がなんて表現すれば良いのかしっくりくるというか安心できるという感じがする。別に則孝氏が安心できないわけではないが上手い表現が見つからない

樋の酒を観るのは記録によると2回目。以前は万蔵家の観ているが観たのがかなり前の為記憶がない。ただ本などの写真などでよくある橋掛かりと本舞台に渡って樋を掛けるという演出が山本家の狂言にはなかった。それから明治に大蔵流では廃曲になっているのを解説を聞いて初めて知った。それでも山本家では演じられてきたとのこと。解説はほとんど棒縛りの解説になっていた。この話は確か何年か前に新百合ヶ丘で聞いた事がある気が・・・・。これについては東次郎氏の著書「狂言のことだま」にも書かれている。今回の狂言では遠藤氏の言葉が少し早口で他の2人に比べて聞きづらいように感じた。

以上思ったことを書いてみました。

|

« 上海料理 碧華楼 (横浜 桜木町 野毛) | トップページ | 手摘み茶 »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上海料理 碧華楼 (横浜 桜木町 野毛) | トップページ | 手摘み茶 »