« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

写楽展が明日から

まさに「役者はそろった」という感じの写楽展が明日から上野の国立博物館で開催される。本来であればもう開催されているはずであったが震災の関係で開催期間がずれた。

私は写楽の絵が好き。私の携帯電話などは待ちうけ画面が

20110430_001二代目嵐龍蔵の奴なみ平の絵。表が

20110430_004 こんな感じ。別に写楽展があるからこうしたわけではなくこの携帯電話に変えてからすぐにこの形になっていてもう1年半ぐらい経っている。

今回の展覧会は約140図の写楽の作品が揃うとのこと、写楽が書いた絵のほとんどという事。ポスターにもあるようにまさに「役者は揃った」という展覧会だと思う。ぜひとも行きたい。ただ無茶苦茶混むだろうな。平日行ける日をつくれれば良いのだが・・・。

| | コメント (0)

4月28日・国立能楽堂 狂言の会の印象

国立能楽堂の狂言の会を観るのは何年ぶりだろう?2年ぐらいぶりかな?それ以上かもしれない。今回演じられる狂言「魚説経」「通円」「素袍落」それぞれ何処かで何回か観た事のある狂言。

感想というかこの会を一言で言えば「ザ・狂言」です。すごい高いレベルの良い狂言を観たという感じ。

魚説経・これは茂山家の七五三氏が出家・あきら氏が施主という配役、この2人、60代前半と50代後半、若い30代ぐらいの狂言方にはない風格があり立ち姿が綺麗、脇正面から観ていたため下半身から上半身にかけての絶妙なそりが良かった。2人とも声もそれなりに良いし、中々良い狂言だった。

通円・こちらは名古屋の共同社が演じ地謡が野村又三郎家という構成。かなり変わった狂言です。結構能に近いところがあり私個人としてはあまり好きな狂言ではない。言葉がよく分からない。今回は国立能楽堂の各席に着いている字幕スパーが役にたち

20110428_021なんとなく分かったような・・・この狂言は能「頼政」のパロディとか?やはり狂言は普通の太郎冠者や大名が出てくるものが良いと思うのは私だけでしょうか?

素袍落・これは山本家の東次郎氏・則俊氏・泰太郎氏の共演。今現在、山本家では最高の組み合わせと言い切っても良い配役でしょう。山本家のスピードと酔っ払いの動きのすごさをあらためて感じた。狂言の内容も面白いし良い狂言でした。

本当に3つとも良い狂言で良い狂言の会でした。

| | コメント (0)

泥人形 ミックスピラフ (千駄ヶ谷)

千駄ヶ谷駅を出て食事をするところを探す。時間は17時すぎ18時30分から能楽堂で狂言をみる事になっている。能楽堂の周辺を色々と歩き回るが最終的には行った店がココ能楽堂の正面から30秒かからない場所にある喫茶店「泥人形」

20110428_019店は地下にあり独特の雰囲気。こんな場所がまだあったんだという感じのお店。しかもここは東京。コーヒーでも飲みながらゆっくり読書して時間を過ごしたくなるような店。店の中の音楽も心地良いし、本当に良い空間がここにはある。

サービスセットのミックスピラフを注文。注文してから10分程度で出てきたのがこれ

20110428_015ピラフになぜか味噌汁。味は・・・・・・。ここは空間を楽しむところ。これを食べた後に出てきたアイスコーヒーは美味しかった。多分ホットコーヒーや紅茶などはそれなりのものが出てくるような感じがする。

ミックスピラフ、味噌汁と飲み物(コーヒーか紅茶アイスでもOK)が付いて900円。値段的にはこんなもんでしょう。能楽堂近くという事もあり時間がある時はコーヒーなどを飲みにまた入る事があるだろうなと思う私。

| | コメント (0)

築地伊勢や 魚禅 にぎり御膳 (池袋)

18日国立能楽堂の狂言の会を観に行くために東京に行く。東京に行くならば狂言を観る前にミカド劇場に寄ってからという事で池袋に行く。池袋駅に着いたのが12時ぐらい。どこかで昼飯をと思い、かねてより食べログなどをみていて行きたいと思っていた「魚禅」に・・・。

目当ては「魚禅にぎり寿司」・・・。メニューにそんなものはない。ランチメニューが変っている。まぁ似たもので「にぎり御膳」というものを注文。注文してから10分程度出てきたのがこれ

20110428_007うーん確かにメインは寿司だが・・・なんか昔のファミレスによくあった何でも少しずつありという感じのもの。天ぷらに茶碗蒸しに寿司にサラダ、まぁ女性なんかにはこうゆうの喜ばれるのでしょうね。食べたいと思っていた魚禅にぎりは寿司が12貫でウニやイクラがこぼれでているもの・・・期待はずれ。

にぎり御膳、私にとっては期待外れではあるが天ぷらなどは揚げたてて美味しいし、サラダの量もそれなりにあるしドレッシングも美味しい。寿司も小さめではあるがそれなりにまとまっていてこれで1280円なら全然良いかなという感じもする。

| | コメント (0)

横浜屋 ラーメン ギョーザ (清水区)

今日の昼飯はJR草薙駅前の「横浜屋」というラーメン屋に行く。ココは静岡ではそれほどない横浜家系ラーメンの店。ラーメンとギョーザを注文。注文してから10分以内にこれが出てくる

20110417_003

20110417_005ギョーザとラーメンが一緒にでて来る。ラーメンの具のレタスはランチの時のサービスで無料で付ける事が出来る、このほかライスも無料サービスで付けることが出来る。

家系ラーメンには生キャベツが1番美味しいと思う。この店1年に1回か2回しか行かないが段々と味が濃くなっている気がする(気のせいかもしれない)今回ギョーザも頼んでみたがこれが意外と言っては失礼だが美味しい、ビールにピッタリ合うギョーザだ。一人で平気で2皿ぐらいは食べれる感じ。

ラーメン700円・ギョーザ300円値段的にもこんなもんでしょう。好きな店の1つです。

| | コメント (0)

品川駅 シウマイ弁当(崎陽軒)

16日、道劇3回目終了後新幹線にて静岡に帰る。渋谷駅を出たのは9時5分ぐらい、品川着が9時20分は確実の憶えている。で新幹線の出発が9時37分夕食を食べていなかった為、駅弁を買う事にする。この時間ほとんど駅弁が残っておらず買ったのが品川駅の新幹線改札を入ったところの駅弁販売所で崎陽軒のシウマイ弁当を購入。新幹線に中で食べる。

20110416_025

20110416_026崎陽軒の東京工場がつくった弁当です。うーん今日はなんかご飯や、シュウマイや魚など全体的に硬いよいうのを感じたが・・・これ食べながら、アサヒスーパードライを飲む。やっぱり駅弁とビールは合いますね。崎陽軒のシウマイ弁当750円。こんなもんでしょうね。

| | コメント (0)

新橋演舞場 かべす おでん定食

16日の昼ごはんは新橋演舞場の中にある「かべす」でおでん定食を食べる。かべすと変な名前であるが江戸時代から歌舞伎小屋で使われていた言葉で菓子・弁当・寿司の頭文字を取ってお菓子、弁当、寿司のことを「かすべ」と言うとのこと。

今日は劇場に入る前に外で予約を取っていた為、そこで予約している。12時05分幕間に劇場の2階にある「かべす」に行く。すでにおでん定食はテーブルの上に配膳されている。

20110416_021

20110416_022歌舞伎などを観れる劇場には必ずといっていいほどあるおでん定食だが・・・・。ここ数年で食べたおでんに中で最低のものといったところ。同じ松竹が経営している歌舞伎座(現在立て直し中)のおでん定食はおいしかったのに残念。まず熱くない。一体いつから準備してこのテーブルの上においてあるんだろうか?冷たいまでは行っていないが、おでんなのに人肌より明らかに低い温度のもの。次に味が薄い。酒のアテにもならないし、ご飯のおかずにもならん。これを1300円か・・・。今後新橋演舞場に行く時は外で弁当買って行くという事になるでしょう。

| | コメント (0)

築地 鳥藤 親子丼(塩)

16日、朝9時ごろ築地市場にいる。今日の予定は築地で朝食、その後新橋演舞場で歌舞伎を観て道劇というコース。清水駅を5時40分発のJRで新橋駅まで行き、地下鉄の汐留駅まで歩きそこから1駅の築地市場駅というコースで行く

築地市場駅から人の流れにそって歩くとそのまま築地の場内の方向に行っている。行こうと思っていた店は場外にあったのだがまぁいいや場内を散策してどっかの店で朝食食べようと予定変更。で入った店がここ

20110416_007注文したのが親子丼しおというもの親子丼の塩味といものはどんなもんだろうと興味をもったため注文。待つこと7・8分かなもっと短かったかもしれない出てきたのがこれ

20110416_005_2

20110416_006親子丼の横にあるスープがものすごく美味いです。これはすごいと思いました。鳥の出汁のスープだがこれは今まで飲んだことがないスープで・・・。親子丼の味が飛んでしまった。親子丼は塩味という事で上品というか私には少しもの足りない感じがしました。食べ進んでいってかなりたってから調味料で塩が置いてあることに気がつく(入れ物に入っていて何が入っているか分からなかった)その塩をかけて食べると美味しさが増す感じがした。

親子丼しお700円朝食としては十分といった感じ。

その後、築地市場界隈を歩く。で次に食べたのが場外で焼き鳥を売っている店がありそこで焼き鳥を買う。店の名前は「鳥藤」多分、さっき親子丼を食べた店の本店?で、ネギ間・レバ・ほんじりを購入

20110416_009正直な話、ネギ間は何処にでもあるものでこれ100円てどうだろうというもの、レバーはそれなりに美味しいがある程度も店に行けば食べれるもの80円という値段考えると満足。絶品はぼんじり。これは油がのっていて美味い。ほんじりを置いてある店も少ないがこれを100円で売っているというのはうれしい。多分これから築地行ったらこの店行ってぼんじり買うでしょう。それに場内の方にはぼんじり温玉丼というメニューがある為それ食べたいと思う私がいる。

| | コメント (0)

曙 日替わりランチ500円 (清水区)

今日は色々ありランチを曙という店で食べる。ココに来るのもかなり久し振りで記録によると(このブログ)10年の1月以来という事になる。

この店は500円ランチがある店。店に入るとカウンターが混んでいた為、座敷に座ると店主より隅から詰めて座れとの事。こんなこと言う店だったかなと思ったがそのまま詰めて座る。20代ぐらいのスーツ姿の男性と合い席になる。(結果として私が店を出るまで混むことはなく合い席の必要は全くなかった)

まぁそれはさておいて日替わりランチを頼む。待つこと3分で出てきたのがこれ

2011413_001

2011413_002今日はハンバーグ定食。これで本当に500円でいいのかと思うほどの内容。そういえばここ数年ハンバーグなどはあまり食べていない。ハンバーグの味は普通かな。それほど柔らかいということもないが硬いという事もない。ソースもそれほど美味しいとも思わないが美味しくないわけでもない。ハンバーグははっきりしない感じ。そのほかのものは美味しい。味噌汁も味が少し濃い目で、焼きそばも美味しい。ご飯も大盛りだしやはり値段の500円という事を考えるとすごいかな。

| | コメント (0)

どんぶり君 さんまのから揚げ定食 (清水区)

今日は色々あり昼飯を外食で食べる。行ったところは清水の河岸の市の隣にある「どんぶり君」という店。ココに来るのはhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2010/07/post-5740.htmlぶりなので約9ヶ月ぶりという事になる。

今日行くと店の前に定食屋の旗と電光の看板が置いてある。店はかなりわかりやすくなっている。11時30分ごろ行ったがまだそれほど混んでおらず7割~8割ぐらいの客の入り。ココではこんな空いているのは初めてだと思う。

ざーと今日のメニューを見ていく。時期的にシラスも良いが・・・・。さんまのから揚げ定食を注文。まぁどんなもんが出てくるかちょっと楽しみ。待つこと5分以内、出てきたのがこれ

20110412_001

20110412_003さんま1匹丸ごと出てきた。さんまはみりん干ししたもの?を油で揚げている。これ箸でちぎって食べるよりかぶりついた方が美味しい。何(魚)をどう調理すれは美味くなるか知っている人が調理しているという感じ。

さんまのから揚げ定食700円。美味しかったです。ココはメニューがその日ある魚によって違う為、このメニューが今度何時出されるか分からないというのはご承知おきください。

| | コメント (0)

箱根そば 冷やしたぬき蕎麦・生姜焼き丼 (小田原)

横浜狂言堂が終わり、横浜の街を徘徊して静岡に戻る。静岡に戻る途中、小田原で下車、18切符を使って移動している為、駅の改札を出るのは自由の為問題ない。

行ったところが小田急線駅の近くにある箱根そば、このブログでも何回か書いているがここの冷やしたぬき蕎麦が美味い。久しぶりに食べる事にする。まぁ基本が立ち蕎麦の店で食券を買って、あとはセルフサービスとなっている。今日は冷やしたぬき蕎麦とミニ生姜焼き丼を注文する。

待つ事3分ぐらい「冷やしたぬきとミニ生姜焼き丼のお客様」と呼ばれる。出てきたのがこれ

20110410_018

20110410_020

20110410_022_2やっぱり美味い。なんでこんな美味いのか分からん。キュウリの歯ごたえと蕎麦と汁とたまにある天かすのバランスがたまらなく美味い。今回生姜焼き丼も頼んだがこれがまたがっつりした味でこれぞ生姜焼きという感じのもの。ミニ生姜焼き丼310円・冷やしたぬきそば360円。ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

2011.4.10 横浜能楽堂 狂言の日 印象

横浜能楽堂普及公演、横浜能楽堂に行く。今回は茂山家の狂言でメンバーとしては千三郎氏・あきら氏・茂氏・童司氏・鈴木実氏。まぁ世代的にはバランスが取れている感じもする。

千鳥・これは同じ茂山家のものを2月に観ている。多分私は童司氏がシテというものは初めて観た感じはするが・・・。まぁ見所が酒屋の主人と太郎冠者とのやりとりだが、あきら氏と童司氏は親子なんでまぁ息がピッタリあっている感じ。2月はこれを正邦氏と千三郎氏の配役で観たがどちらもすごく良かった。単純に面白い。完成度だとか型の綺麗さだとかはあんまり感じない狂言だなと思う。

腰祈・この狂言を観るのは初めてだと思う。観たという記録がない為。最近記憶よりも記録に頼っていることが多い。うーん。この狂言観ていて思ったのは、解説の大切さかな。山伏が名乗りをするところで客から笑いが出ている。普通であれば名乗りで笑いが起きることはないと思うのだが・・・。これは決まりがあって台本でも常に同じ(言葉はこれであっているかどうかはあやふや)と書かれているだけという事を最初の解説の時に千三郎氏が話しているからだと思うが・・・。もしかしたら「~です」という名乗りに反応しているのかもしれない。狂言そのものは祖父の動きがもっとコミカルであってもいいのではないだろうかと思ってしまった。

あと狂言を観る場所はやはり脇正面の橋掛かりに近い後ろの方の席が好きというのをあらためて感じた。最後に幕の中に入る狂言方の表情がはっきり分かるというのがやっぱり良いというのを感じた。

狂言については思いついたことを適当に書いているだけですので・・・まさに印象を自分なりに書いているだけですので・・・あしからず。

| | コメント (0)

紀文寿司 (横浜駅西口)

毎月第2日曜日は横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂という狂言の会が行われる為、それを観に横浜に行く。今回は18切符での移動。各駅乗り降り自由な為、横浜駅で降りてランチを食べる事にする。

行ったのが西口の地下街にある。紀文寿司という店に行く。中はカウンターが8席(だったと思う)とテーブル席が2個でつめれば1個のテーブルに4人座れるかなという感じで店の中は結構せまい。ちなみに隣もびっくり寿司という寿司屋さんでその隣も海鮮どんぶりをメインにしたお店。

で注文したのが上寿司。ランチの時間帯だったためランチもあったのだが1000円のランチでは巻物がついてこないしその上のランチは1500円。1400円で巻物が付いてくるメニューがある。それにしようという事で上寿司というものにする。今考えればやはりランチの方が良かったような感じもするが・・・・待つ事5分以内出てきたのがこれ

20110410_004

20110410_005ランチとしては贅沢すぎるくらいの脂がのったネタばかりでそれなりに美味しい。機会があればとなりの寿司屋のも入って見たいと思う。

| | コメント (0)

晩翠 ミニ寿司・ラーメンセット (清水区)

今日の昼は小雨の中、エスパルスドリームプラザの近くにある「晩翠」という店で食べる。店の名前が独特。

店構えは町の中にある蕎麦屋さんという感じがするが中はカウンターにショーケース。ショーケースの中には寿司ネタが入っているため、寿司屋という感じがする。多分最近改築が行われている。(店はカウンターのほかにテーブルが4個ぐらいとかなり大人数が座れる座敷があり1階だけで30人ぐらい入れる。そのほかに2階もある)

今回注文したのがミニ寿司にラーメンのセットというもの。寿司は店主がにぎりラーメンは奥さんがつくっている。(二人が夫婦であるかどうかは確認していない)寿司がにぎられたところで奥の方に持っていってラーメンが出来るのをまってラーメンと一緒にこれが出てくる。

2011049_003

2011049ラーメンは細目のストレート麺。まぁあっさりはしているが中華屋で出してもある程度通用する感じのラーメンかな。

2011049_001 寿司はシャリが大きくあんまりバランスはよくない感じ。写真で見て分かる通り、たまごが海苔でまかれておらずこの大きさ1口で食べるのは難しい、2口で食べようとすれば崩れる。干瓢巻きはしっかり巻かれきっておらず干瓢がはみ出ている(写真だとよく分からない)

店の造りからして寿司が美味しいのかなと思ったが・・・どちらかというとラーメンの方が美味しいかな。いずれにしても飲食店として普通という感じ。値段は1100円

| | コメント (0)

わぶ 牡蠣フライ定食 (新宿)

昨日、4月4日いろんな事があり最終的に新宿TSに出かけた。一番最初の予定では3日の日から18切符を使い東北地方の温泉に行く予定であったが今回の震災でそれはなくなりその次の予定は大阪に行く予定であったがこれも直前で取りやめ、3日は家でどこのも出かけず18切符の使い道を考えどこかに出かけねば2回分無駄にしてしまうという事で出かける。

まず行ったのは「わぶ」という居酒屋。ここは牡蠣フライが特徴のある店で前から行きたいと思っていたがランチが土曜、日曜が休みの為、中々タイミングが合わない事があり今回初めて行く事になる。店に着いたのが12時ちょっとすぎ・・・行列が出来ている。近くには他にも行ってみたいと思っている店もあるが今度いつタイミングが合うかわからない為、並ぶ。並んだところは弁当を買う為に並んだ列の用で・・・・。店に入る列に並びなおす事に・・・。外にいる店員もっとしっかり整理しろよ。初めて行った人間には分からない。まぁこの店はどちらかというと近くで働く常連さんを大事にしているお店なので一見さんは来なくてもよいという雰囲気はある。

注文は外で並んでいる時に伝える。ここの注文の特徴は○○と○○と伝える。たとえば牡蠣フライと煮魚というようにそうするとその2品とご飯・味噌汁・小鉢が付く。私は牡蠣フライと牡蠣フライを注文。席について5分ぐらいして出てきたのがこれ

2011044_001大きな牡蠣フライだが実は牡蠣を3~5個ぐらいまとめてフライにしている。味はフライの衣が厚く私はあまり好きではない。牡蠣自体もフライにするのには味が薄いという感じがする。その横の野菜類もあんまり美味しくない。タルタルソースもマヨネーズの薄い感じの味で今一つ、ソースをかけても醤油をかけても今一つという感じで期待外れ。まさに学生相手の味はどうでも良くボリュームのみの定食屋さんという感じ。震災の為使っている牡蠣が○○の牡蠣と書かれていた。もしかしたら仕入れが違い牡蠣の味が変っているかも知れない。

牡蠣フライのみ定食1110円。まぁ値段を考えればこんなもんかなという感じもする。牡蠣フライは衣の薄い味の濃いものの方が良いとあらためて感じた日でした。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »