« 湯島女坂 季乃下 (御徒町) | トップページ | 昨日の東海道線 »

生姜焼き重とメンチカツ 駅弁

17日20時30分ごろ東京駅にいる。新幹線で清水に帰る予定。この時間から一番早く静岡に到着する新幹線は21時30分に出るひかり。夕飯を食べていなかったので駅弁を買い食べる事にする。

まずは駅弁選び、この日の東京は大停電が起きるかもしれないということでほとんどの店がこの時間で閉店している。で新幹線の改札を通ったところの駅弁売り場が開いていた為、そこで買う事に・・・。うん、弁当のディスプレイが非常に見にくい。弁当を販売しているカウンターの下にショーケースを作りそこに展示してある。どれが売れきれていてどれがの残っているか一目では分からない。弁当がカウンターの上に積んで置いてありその前にどうゆう弁当か写真でわかるようにしてあれば一目瞭然なのだが・・・・・・ココは弁当を販売員の後ろに棚を作りそこに置いてある。これでは間違いが多くなる。実際に「しょうが焼きとメンチカツ下さい」というと販売員が2種類弁当をもってきた。この間違いは弁当をカウンターの上に積むやり方だと起きない。目線や手の動きで間違いがおきずらいのは確実だが・・・。

で今回買ったのがこれ

20110317_dx_sm_008

20110317_dx_sm_010 値段は900円。うーんどうだろう?しょうが焼きが・・・・。これもう少し生姜が強くないとただの豚肉焼きという感じだし、基本的にしょうが焼きは暖かくないと美味しくない。メンチカツはまぁこんなもんかなという感じ。

定食の定番の生姜焼きとメンチカツが1度に味わえるお得なお弁当というのがキャッチコピーのようだが、定食は定食屋で食べるべきで弁当にすべきではないというのが食べてみての私の結論。

|

« 湯島女坂 季乃下 (御徒町) | トップページ | 昨日の東海道線 »

駅弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 湯島女坂 季乃下 (御徒町) | トップページ | 昨日の東海道線 »