« あわじや 島の海鮮丼 (渋谷) | トップページ | 日栄楼 (小田原) »

2月7日 道頓堀劇場の印象

劇場に着いたのが14時ぐらい。舞台では春風るなさんのデジカメをやっている。

6番・詩田笑子嬢、今週が7周年目との事。細部まで気を使っている感じ。最初の和服の時、足袋の裏が見えないようにしている。(たまたまそうゆう振り付けになったのかもしれない)のが印象的。

1番・翔田真央嬢、今回この作品を見るのは初めて。うーんダンスが少なくベットの時間が長い。衣装の赤のドレスの色は素敵だがその柄の鳳凰は鶏にしか見えないのは私だけだろうか?

2番・山野すみれ嬢、前回観たのは・・・記憶にないぐらいに久し振りに観た気がする。初見ではないと思うが・・・。真ん中という感じかな。特徴がないというか平均という感じ。

3番・さくら嬢、TSなどで何回か観ている。TSなどではタッチとかもやっていた気がする。元気小柄でステージで飛びまわっている感じ。飛び回って汗はかいているが顔とかにはそれほで汗が出ていない感じ

4番・目黒あいら嬢、ダンスは上手です。たぶん踊ることが好きなんだろうなー。しばらくはこの方向で行くんだろうなー。

5番・春風るな嬢、独特の世界を確立しつつある感じ。この世界好きな人もいるが苦手な人もいるかな。私は結構好きだったりする。

勝手に思った事、印象を書いてみました。まぁ、この日もローソンで日本酒買って日本酒飲みながら見物してましたので酔っていて正確ではないかも知れません。

|

« あわじや 島の海鮮丼 (渋谷) | トップページ | 日栄楼 (小田原) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あわじや 島の海鮮丼 (渋谷) | トップページ | 日栄楼 (小田原) »