« 1月15日 お豆腐狂言を観る | トップページ | くら寿司 回転すし  »

映画「わが心の歌舞伎座」を観る

今日、16日昨日から公開されている「わが心の歌舞伎座」を観に地元の映画館に行く。事前に前売り券を買ってそれを映画館の当日券を販売しているところにもっていって席を決めるというかたち。この前売り券のデザインが昭和26年の歌舞伎座開所式の時のチケットと袋のデザインを復刻したものとなっている。

20110112_004

20110112_005 この映画館が押したハンコウ「公開日以ご利用下さい」というのは、邪魔。何を考えてんだろうこの劇場は・・・松竹が面白いことやっているのになぜ余計というか馬鹿な事をするのか?こんなハンコウ必要なんだろうか?今まで前売り券何回か買った事あるがこんなハンコウ押してなかったが・・・。これも松竹の演出?まぁしょうがないこれしかないらしいので・・・。

まぁ内容は濃いです。あ、ここか、この人のこの公演観たな。そうだよなもう歌舞伎座影も形のないんだよな。など思う事色々あり。ただ2時間50分。ぶっ通しというのはどうだろう?結構集中して観ているもので疲れる。シネマ歌舞伎などは休憩がはいるものがあるのでこれも何処かで休憩が入ったほうが良いような感じはする。特にこの映画年配の方が観る事が多いと思うし・・・・。まぁもう一つ言えば入場料も他の映画と一緒にしてほしい。当日2000円で前売り1800円という料金しかないというのは何とかしてほしい。

1月20日追記。他の方のブログ等をみると休憩時間があるという事か書かれているものがある為、確認する。上映時間が2時間50分の劇場と2時間55分(それ以上の時間を取っている劇場もあり)の劇場があり劇場によって休憩時間があるところとないところがある様子。常識的に考えれば休憩時間を入れるべきだと思う。休憩も入れない、変なハンコウも押す。この劇場には行きたくないと思うが近くにこの劇場しかない為これからも映画を観るという事があればこの劇場に行かなければならい。選ぶ自由というのがないのは困ったものだ・・・。

|

« 1月15日 お豆腐狂言を観る | トップページ | くら寿司 回転すし  »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1月15日 お豆腐狂言を観る | トップページ | くら寿司 回転すし  »