« 1月23日 狂言を観て一番印象に残ったこと | トップページ | 昨日の酒 »

庄や 小田原分家店

狂言が終わったのが17時頃で静岡に向かう。途中18時30分ぐらいの小田原到着。どこかで夕食を食べようと思い小田原の街をうろつく。中華も良いし、魚も良いし何にしようか迷い、色々な店の看板を見て行く。で最終的に店に入ったのが19時ごろ。決め手はこの看板

20110123_029赤ヤガラの刺身が目に止まった。他の店の看板もかなり見たのだがそれほどひかれるメニューがなくここになった。この店はチェーン店の庄やの小田原分家店。そういえば何年か前もこの店に入った事がある。その時も店の前の看板のほうぼうの刺身があった為だった。

まずは店に入り一人である事を伝えるとカウンターへという事でカウンターに座る。前回もこのカウンターだった事を思いだす。まずは飲み物を聞かれた為、日本酒の中から純米酒を探すと国士無双があった為、注文するが品切れとの事。純米酒は他に真澄、純米吟醸酒で値段としては少し高めだったがそれを頼む。出てきたのは真澄の純米吟醸生辛口生一本。まぁ吟醸だから7号酵母使っていない。美山錦と9号系酵母の組み合わせの酒。やはり真澄は7号系酵母と思ってしまうのは私だけでしょうか?なにはともあれ真澄を下の受け皿までめいいっぱい注がれる。

20110123_020でもちろん赤ヤガラの刺身を注文する。カウンターの上には魚が入ったショーケースその中にヤガラが

20110123_021で、それが刺身になって出てくる

20110123_022 白身で厚く切ってある為食べ応えがある。どの魚の白身の味に似ているか思いつかない。かんでいると甘味が出てきて美味しい。特に写真で言うと2列目にある真っ白な部分が美味しく感じた。

その後、おでんと上寿司を注文。

20110123_023おでんは普通のおでんで小田原おでんではない。具は食べやすいように小さめ。日本酒のアテとしてちょうどいい感じのおでんで味が濃すぎる事もなく薄い感じもなくスマートな感じのおでん。

20110123_028 お寿司はそんなに高そうなネタはない感じだがイカの雲丹のっけはやはり美味いと思う。シャリはそれなりの美味しいと思った。先週静岡の寿司屋で食べた寿司よりネタとシャリのバランスは良く美味しいというのは間違いない。

お通し315円・真澄750円・赤ヤガラ580円・おでん480円・上寿司880円合計3005円なり。納得いく値段だと思う。

|

« 1月23日 狂言を観て一番印象に残ったこと | トップページ | 昨日の酒 »

おでん」カテゴリの記事

居酒屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1月23日 狂言を観て一番印象に残ったこと | トップページ | 昨日の酒 »