« 天よし うな丼 (清水区) | トップページ | 11日その後 »

吉田寿し (名古屋中区丸の内)

昨日(12月11日)は名古屋と三重県の桑名に出かける。名古屋には現在、名古屋ボストン美術館で行われている浮世絵名品展錦絵の黄金時代を観に行く為、この展覧会は観ておきたいと思っていて18切符が使えるようになってからと思っていて、この日桑名でイベントがあった為、それにも行きたいと思った為、この日に行く。

名古屋に着いて向かったところは丸の内、以前から行ってみたいと思っていた店がありそこに行く。丸の内にある「吉田寿し」

20101211_002 うーんこうゆう雰囲気大好き。店のパンフレットによると明治初期に移築された建物で戦後、料亭吉田として営業をはじめその後すし店を併設し現在に至っているとのこと。

寿司店の方に入る。入り口は結構狭い感じがする。店の中はL字のカウンターと座敷のテーブルが2個か3個あったかな?カウンターのショーケースにはネタではなく酒器が並んでいる。どれも趣きがありかなり古いものという感じがする。今回注文したのが冬時期にしか出していない「かき雑炊」を注文する。

私、以外に客は1組3人(全て男性50代ぐらい)でカウンターで日本酒を飲んで楽しそうに話をしている。こうゆう客がつくりだす雰囲気も良い感じがする。

注文をして10分ぐらいだったろうか出てきたのがこれ

20101211_004

20101211_006 これ美味いです。私は牡蠣が好きで色々なものを食べてきたけどこれはすごいです。絶品です。この雑炊の中に牡蠣が10個ぐらい入っている(数えてなかったので正確ではない)それとこの出汁が本当に美味しい。のり・玉子・しお昆布・柑橘系のものが何か入っているがこの酸味これが絶妙。

大満足でした会計は980円。名古屋能楽堂からそれほど遠くない場所でもあるので機会があればまたお邪魔したい店です。満足して浮世絵展に向かう。

|

« 天よし うな丼 (清水区) | トップページ | 11日その後 »

牡蠣」カテゴリの記事

寿司屋など(ランチ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天よし うな丼 (清水区) | トップページ | 11日その後 »