« 清水まぐろと貝焼き 馬鹿貝  (忘年会) | トップページ | 吉田寿し (名古屋中区丸の内) »

天よし うな丼 (清水区)

今日は定期受診の日で仕事を休む。先月忙しく休日出勤などしていた為、振替休日にする。受診は予約制だが時間通りには行かず薬を受け取るまで含めれば12時ぐらいになっていた。で今日の昼飯を何処で食べようかと思いバイクで走る。色々あり今日入ったのが草薙駅前にある「天よし」というお店。このお店に入るのは初めて。入るきっかけはこの看板

20101209_003 この看板はバイクで走っていては見えない。たまたまバイクを置いて歩いたから見つける事が出来た。

もちろん注文したのは、うな丼。店の中はカウンターが7席か8席ぐらいと座敷があるが座敷も4人が座れればいっぱいという感じ(見えない部分もありもっと座れるかもしれない)というこじんまりとした店。うなぎは生きた鰻が桶の中にいる。

カウンターに座ったのだがちょうど店主がどうやって料理しているか見えない場所で鰻を捌くところからやっているかは不明。店は店主一人でやっている。他の客は座敷にいる客1組(何人かは分からない)とカウンターに1組2人50代ぐらいの女性2人。カウンターの2人の話題は市川海老蔵の事件の事。うーん人が何を思おうが何を言おうが勝手だが・・・別に盗み聞きしているわけではないのだが聞こえてしまう。「あんたら歌舞伎を観たことあるの?海老蔵の歌舞伎観たことあるの?あの存在感(うまいとか下手とではなく)はあの年代ではずば抜けてるのは間違いない事実だ」と言ってやりたかった。それはさておき注文して15分ぐらいするとこれが出てくる

20101209_001うな丼のアップ

20101209_002_2 味噌汁は豆腐とわかめの味噌汁で味は濃い目の味付け。漬物はぬかずけで美味しい。鰻はふっくらしている、タレは甘さが抑えられていてしょっぱさより酸味がある感じのたれで、「あ、こうゆうタレもあるんだ」という感じのたれ。

うな丼1000円。たまたま見つけた店でこれだけのものが食べられれば満足です。本当にネットなで紹介されていない良い店探せば結構あるんだろうなと実感する店。

|

« 清水まぐろと貝焼き 馬鹿貝  (忘年会) | トップページ | 吉田寿し (名古屋中区丸の内) »

静岡市内・周辺の飲食」カテゴリの記事

うなぎ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清水まぐろと貝焼き 馬鹿貝  (忘年会) | トップページ | 吉田寿し (名古屋中区丸の内) »