« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

CoCo壱番屋 清水もつカレー (清水区)

20101229_001 これCoCo壱番屋で出しているカレーです。といっても見たことのある人はほとんどいないはず。ココイチが全国に何店舗あるか知らないがそのうちの2店でしか出していないカレー。「清水もつカレー」具には豚のモツや蒟蒻などが入っている。

店の前に置いてある看板

20101229_002 店の中には清水の2店舗でしか食べれらないと書いてあるメニューがあったので清水駅前店と清水大曲店のみで出しているメニューだと思う。基本的に清水モツカレーは酒のつまみであってご飯にかけて食べるというものではない。それを無理にご飯にかけられるカレーにした感じ。まぁココイチでカレーを食べる時3辛で食べている為3辛で注文したのが無理にご飯にかけられるように感じたのかも知れないが・・・。甘くてもかわらない気もする、もっとカレーがどろどろでないと清水モツカレーではない感じが・・・。清水もつカレー風味カレーライスという言い方がピッタリあっているような気がする。

清水モツカレー680円プラス3辛で60円合計740円。まぁこんなもんでしょう。

| | コメント (0)

月さむ (清水区)

今日は色々あり昼飯を外で食べることとなる。で行ったところが「月さむ」という店。月さむは静岡市内に2店舗あり(それ以上あるかもしれない)今回行ったのは清水区上原にあるほうの店。月さむに入るのは数年ぶり。

この店は基本的にはラーメン屋だが豚どんが店の看板メニューになっている。今回は豚どんを食べずにセットメニューの中のBセット、ラーメンとチャーハンがセットになっているものを頼む。セットメニューのラーメンは醤油味だが塩味・味噌味に変更可能。味噌味のみ50円プラス。味噌ラーメンを選択する。

まず出てきたのが味噌ラーメン

20101228 私はかなり好きな味の味噌ラーメン。ここ3回味噌ラーメンを続けて食べているがその中では一番すきなかんじのラーメン。この店にはセットメニューではなく単品で頼むとサッポロ味噌ラーメンというのがありそちらは太麺でモヤシ入りとのこと。でラーメンをかなり食べすすめるとチャーハンが出てくる。店店主の動きを見ると完全にラーメンが出来てからチャーハンを作るというやり方をしている。チャーハン、ラーメンを同時進行で調理していない。まぁ店の混み具合によっても変えているのかも知れないが丁寧な作り方をしている。

20101228_2 チャーハンは米一粒一粒に味がしみこんでいる感じでしっとりとしている。昔ながらの中華屋さんのチャーハンと行った感じのチャーハン。チャーハンは半チャンではなく1人分です。半チャンラーメンというメニューもこの店にはある値段はBセットより100円安く750円。このBセットが850円+味噌ラーメン50円で900円。満足できる内容という感じ。

| | コメント (0)

一元 北脇店 (清水区)

今日の昼は味噌ラーメンを食べたくなり、一元の北脇店に行く。味噌ラーメンは昨日食べたばかりだが味噌ラーメンを食べだすと何回か続けて食べたくなってしまう。

今回行った一元北脇店は初めて入る。一元は静岡市内に何店舗あるがチェーン店という感じではなく一元で修行した人が独立して一元という名前で店を出している感じで麺やどんぶりなどは似ているがそれぞれ違う味の店。でも共通しているのは味噌ラーメンを売りにしている。

店に入ったのは13時ごろだったがほぼ満席の状態。といっても10人も入るか入らないかの店。一元にしてはメニューが豊富な方で定食メニューなどもある。調理にかかわっているのも年配の男性2人。味噌ラーメンを注文する。5分ぐらいで出てきたのがこれ

20101226 真ん中にある味噌を溶かしながら食べていくスタイル。麺は極細麺。チャーシューは厚くて存在感がある。メンマは柔らかい。味噌に隠れてしまっているがモヤシもトッピングされている。うん一元のラーメンだという感じ。値段は800円。このチャーシューのボリュームからするとリーズナブルといっていいのではないだろか。また行きたい店です。

| | コメント (0)

北海道ラーメン 貫 (新宿)

国立劇場で歌舞伎が終わったのが16時35分。それから新宿に出て小田急を使い小田原それから東海道線で静岡に帰る予定。まぁ新宿でラーメンでも食べて行こうと思い新宿の街を歩く。

まぁラーメンなら西新宿・小滝橋通りにでも行ってみるかと思いその方向に行ってみると北海道ラーメンという看板が目に入る。

20101225_018 店内の食券販売機には札幌みそラーメン・旭川しょーゆラーメン・函館塩ラーメンとメニューがある。何時の頃からかこうゆ旭川醤油、函館塩というラーメンがでるようになった。札幌の味噌は味噌ラーメン発祥の店が札幌なのでわかるが・・・。なぜ旭川醤油・函館塩なのか分からない。少なくとも私が10歳(30年以上前)ごろには札幌ラーメン横丁では味噌・塩・醤油ラーメンは食べられていた。だから私としては味噌・塩・醤油全てが札幌ラーメンでいい様ななかんじがするが・・・。

味噌ラーメンの大盛りを注文。野菜をいためそこにスープを入れそこで味付けをしている。ゆでた麺をどんぶりに入れ、調理した野菜とスープをどんぶりに入れるという調理の仕方をしている。そうして出てきたラーメンがこれ

20101225_017 基本的に美味しい。ただパンチが足りないおとなしい味噌ラーメン。醤油ラーメンならおとなしくてもいいが味噌ラーメンの場合もう少しコクというか味が濃くてもいいような感じはする。私の場合特に濃い味が好きなのでそう思うのだと思う。味噌ラーメン700円+大盛り100円で800円こんなもんでしょう。

| | コメント (0)

牛すじの味噌煮込み重  (東京駅地下)

12月25日世間ではクリスマス。私は全くそんなことは関係なくこの日は国立劇場に歌舞伎を観に行く。国立劇場の最寄の駅は半蔵門。静岡から半蔵門に行くには色々ないき方がある。今回は東京・大手町・半蔵門のコースにする。歌舞伎座の行く時は周辺に色々お弁当を売っているところがあり苦労しないのだが国立劇場の周りには弁当を売っている店が少ない為、東京駅のグランスタで弁当を買っていこうと思い、このコースになる。

今回、歌舞伎の上演開始が11時30分という事でそれまでに劇場に着いていなければならない。大体どこの飲食店もランチの始まりがこの時間で何処かでランチをという選択がなくなる。劇場の中で販売している弁当は今一という印象がある。幕間に劇場内というのも一つ手だがこれ食べて見たいというメニューがない。(今回行ってみて食べてみたいメニューがあり次回は多分それ食べるつもり)という事で東京駅で弁当を買う事となる。

グランスタの中には色々な店舗が入っていて色々な弁当が朝早くからある。私が行ったのは10時ごろだったが、もう当然たくさんの弁当が並んでいる。とりあえず1週まわってみる。うーん沖縄料理も良いし、中華もすてがたいなどと思いつつ2週目目に付いたのが牛すじの味噌煮込み。それを購入。歌舞伎の幕間に食べる。

20101225_010

20101225_011 うーんこれはあったかかれば美味しいのかな。電子レンジで温める時の目安などというものが横の方に書かれている。ちょっと期待はずれかな。まずいとは思わないが・・・これが1000円うーん好きづきもあると思うが・・・牛すじの量も少なく、まぁその分野菜が多いが・・・多分見本というものがなく(もしかしたらあったのかもしれないが見落としているかもしれない)上の写真の通りだったので私の想像としてはもっと牛すじがどーんと乗っているものを想像していたので・・・。今ひとつでした。

| | コメント (0)

しらす弁当 (熱海駅)

24日は朝、池袋のホテルを出て普通列車で静岡に戻り午後仕事をする予定。東海道線を使ったのだが乗り継ぎの時間が結構かかってしまい、何処かで食事を食べていたら仕事の時間に間に合わなくなりそうになり、待ち合わせ時間が20分ぐらいあった熱海駅にて駅弁を買う。買ったのがこれ

20101223_044

20101223_045 しらす弁当850円。シラスはゆでたものを味を付けて炒めている。これが結構美味しい。塩加減もご飯と食べるのにあっているしシラスの味もしっかり残っている。ひょうたん型の漬物も面白い。桜えびも彩りとして良い。まぁしいて言えば量が・・・私は男性で大食いなので昼食としても足りない量かな?ただ女性などでは十分な量だと思う。

| | コメント (0)

やよい軒 目玉焼朝食

24日ホテルをチェツクアウトして朝食を食べる店を探す。まぁここは池袋なのでどこかに朝食を食べさせる店はあるだろうと思い出たとまかせで入ったところがやよい軒。やよい軒には横浜の日の出町駅の近くにある店に入った事が何回かある。

食券を自販機で買うシステム。買ったのが目玉焼朝食。食券を買い席に着く。しばらくして店員が注文をとりに来る。(食券を取りに)店はそれほど混んでいないと思うのだがこれが出てくるまで結構時間がかかる。

20101223_037

20101223_038 サラダのドレッシングはかかっていて味を選べない。ウインナー2本これは結構長くて美味しい。目玉焼きは半熟でご飯の上にのせて食べると美味しい。値段が420円まぁこんなもんでしょうという感じ。

| | コメント (0)

池袋ロイヤルホテル 

店を出て向かったのがこの日宿泊する事のなっていた池袋ロイヤルホテル。いつものように楽天とラベルより予約。出張お部屋はおまかせシングル大浴場サウナ利用可素泊まりプランというのを利用。1泊4000円。

場所は池袋駅から徒歩5分以内。ホテルに行くまでというか池袋は客の呼び込みが多いと感じる。新宿歩いていてもそれほででもない(まぁ歩く場所にもよるだろうが)のだが全てがキャバクラの客引き。まぁこの時間に男1人で歩いているんで間違いなく声かけられるのだが、いちいち「すし屋さがしている」「ホテル行て寝る」「ラーメン屋さがしているだけ」と答えて行く。まぁそれほどひつこい物はなかったが・・・これだけ多いと気にはなる。

ともかく最終的にホテルに着いたのが23時30分すぎ。チェックインしてカードキーを渡される。部屋は4階で本当に部屋はおまかせという事で部屋の前のドアーには定員3人と書かれている。トリプルの部屋だ。中に入ってみるとベットが2個にソファーが1個。3人の場合1人はソファーで寝るのかな?まぁ私は一人なんで全く問題なく過ごす。部屋には結構広めのユニットバスも付いていたが11階に大浴場があるというのでそちらにいってみる。

大浴場は浴槽が何個かあり露天風呂や水風呂もある。サウナも低温サウナと普通のサウナがある。設備は古いところがあるが1泊この値段で池袋駅近く。この時点で大満足といった感じ。露天風呂からは近くのビルも見える。外の寒さも露天風呂に入るのにちょうど良い寒さで気持ちよかった。フロントの対応も問題なし。今後も利用して行きたいホテルの一つとなりました。

| | コメント (0)

鮨処 一希 (池袋)

23日、新宿でのイベントがもっと遅くなると思っていた為、ホテルを予約していた場所は池袋で池袋に移動。事前に調べておいた店に食事に行く

うーん?うーん?なんだこりゃ?は?というのを最初から最後まで通した店でしたね。あ、値段標示と会計はしっかりしてました。

まずは日本酒、値段が高すぎる。日本酒1合あるかないかの冷酒が1000円~1500円の間このクラスの酒ならもっと安く出来るはず。場所が銀座や新宿の良い場所でこの値段ならしょうがないと思うが池袋駅からかなり離れ、周りは中国東北料理の店が沢山ある場所でこの料金はすごい。仕入れもとの言値で買っているか日本酒で無茶苦茶儲けている。どちらかかな?その上、日本酒の知識がまるでない。何を基準で日本酒を仕入れているのか分からない。熱燗を頼んだが、あれだけ温めればどんな酒使っても同じだと思う。

店の黒板に書かれているメニューはほとんどない。私が注文したもののほとんどがない。そのうえ店員が言ったのは「祭日だから」「昨日結構出ちゃって」、客から言わせればそんなの関係ない。「祭日だから市場が休み」そんなの事前に分かっているでしょう。いきなり祭日になったわけではないので、「昨日結構食材が出てしまって今日残っていない」それならないメニュー消しておけよ。そんなこともできない?

お通しの白子何が悲しくて甘く煮る。玉子焼き、できるのは葱かノーマルという話では・・・なんで明太子・穴子が他の客が注文すると出るのか?まぁ嫌な客はとっとと帰れということなんだろうが・・・。ニシンの刺身を注文した時、これもあるかみ見てみないと・・・といような事を・・・おい、今、何のネタがあるかわかってないの?この店そんなにメニュー多くないし黒板に書いてあり独自のルートとやらで仕入れている品だよね、それがあるかないかカウンターの中にいる人間が分からない?まぁ書いていけばきりがない。取りあえず食べたもの貼っておきます。お通しと冷酒

20101223_021ニシンの刺身

20101223_023 おまかせにぎり一番安いやつ

20101223_026 おまかせにぎりに付いてきたみそ汁

20101223_027 お通し600円・冷酒1200円・熱燗500円・ニシンの刺身1200円・おまかせにぎり1500円。美味いものを楽しく食べての5000円なら納得するが、イライラしながら美味いとも思えないものを食べた5000円はもったいないと思う。なんでこんな店に客がいるのかわからん。まぁ常連さんには居心地がよいのでしょう。今、考えれば日本酒を頼んだのが間違いのはじまりだった気もするが・・・やっぱりこの店に行ったのが間違いだな。寿司屋はあたり外れが大きい。

| | コメント (0)

2010.12.23. 渋谷道頓堀劇場 花電車

劇場に着くと4番小沢アリスさんの終盤だった3分もたたないうちに終了。デジカメの時間になる。

23日道頓堀劇場に行った最大の目的はヨーコさんの花電車を見る為、今回でヨーコさんが引退するとのこと。ぜひとも見ておきたかった。花電車というものがあるのを知ったのは随分前だと思うがいつかは思い出せない。それが形として見えたのが週刊実話創刊50周年特別記念企画華麗なる裸の文化史という本に付いて来た(付録)DVDでヨーコさんという存在や内容の1部をしる。その後、蕨ミニにて実際に観る。その時みゆき愛さんの花電車も観る。その後るあさんをTSで観る。

今回のヨーコさんのステージにはアキラさんがちょろちょろ出てきて面白さを増している。正直アキラさんがこんなにおちゃめでチャーミングな方だとは思わなかった。

ヨーコさんの花電車は観ておくべきだと思う。本当に楽しいステージです。

今回は5番の事だけで・・・。

| | コメント (0)

花咲じいさん 黒豚しゃぶしゃぶセット (渋谷)

上野から次に向かったのは渋谷、道頓堀劇場に行く為。で着いたのが13時ごろになっていてどこかで昼飯を食べてから行く事にする。

で今回行ったのが花咲じいさんという店。渋谷のハチ公口から1~2分のところにある店。この店をどうして知っていたかというと、ネットで渋谷 おでんと検索すると必ず出てくる店で店の場所、ランチメニューが大体記憶していた為、

店はビルの地下にあるもとはバーかクラブだったにではないだろうかそんな外観、店に入ってもその時の名残だろうか照明が暗い。大きな鏡があっちこっちに・・・。うーん私はこうゆう雰囲気の店嫌い。

注文したのが黒豚しゃぶしゃぶセット。5分もしないうちに全てのものがそろう。

20101223_013 これ美味しい。昼に食べるのならこのくらいの量がちょうどよいような感じ。肉の追加・野菜の追加は追加料金を払えばできるようになっている。店員の対応なども良いしこれで950円なら良いと思います。だだ私個人としてこうゆう飯を食べるのに暗い照明、これまだ夜なら許せるのだが昼にこれは・・・いかがなもんかな?味は本当に美味しいと思います。他の人にはここの豚しゃぶしゃぶセット美味しいよというが自分は行かないだろうな。という感じです。

| | コメント (0)

23日 上野公園

昨日の23日祝日、東京方面に出かける。18切符を使いまずは上野に行く、上野に行った目的は東京地酒と酒器うつわ祭りに行く。東京都酒造組合のホームページにある、「たった100円で東京の各蔵元のあれこれが試飲できます」の文字につれれて。

20101223_007

まぁ実際に行ってみると・・・?確かに試飲だけど・・・これで味分かる?という量。この人たちギャグでやっているわけではないよなと思える量。本当にこの量で味と香り分かるわけないだろう。分かるとしたら日本酒を中心に飲食を扱っている方、それこそ酒造組合の方、その他、日本酒好きの方10パーセントいないと思います。試飲できるようになっているのは10本ぐらいかな多分全部のんで小さなぐい飲み1杯分ない量。試飲できた酒は純米酒を中心に値段的に4合瓶で1200円~2500円程度のもの、もしかしたら100円でも黒字かなという感じもする。あと酒器なんか何処にも販売していない。ただの茶碗などの器のみ(もしかしたら全部売れきれたのかも)出店などあり、煮込みや酒のアテになるものや酒が販売していて休憩所で飲みながら食べる事ができるようになっていたが、その後、スケジュールがあったため100円の試飲のみにする。

20101223_005

| | コメント (0)

讃岐饂飩 げんき (清水区)

今日は日曜日仕事に行っていない為、何処かで昼飯をという事で行ったのが清水区のビアゴの近く住所で言うと高橋にあるうどん屋「げんき」というところに行く。

注文したのがお昼のセットメニューでぶっかけうどん(冷300g)にミニ土ごぼう天丼のセット。お昼のセットはぶっかけうどんかかけうどんそれぞれ温・冷、量が200g・300g・500gを選べてそれぞれ780円880円950円。それにミニ天丼、鶏ささみ天丼・土ごぼう天丼・旬の野菜天丼・鶏天カレー丼から選択するようになっている。

ぶっかけうどん(冷)を頼んだのは讃岐うどんのではこれが一番美味いと思っているから、多分この1年は讃岐うどんの店ではぶっかけに冷たいのしか頼んでいない気がする。300gにしたのはこれが並もりという感じがしたから、土ごぼう天丼にしたのは、ごぼう天の天丼というのが珍しいなと思ったから。

店の方も日曜日という事もあり、13時すぎではあったがそれなりに混んでいて注文してから15分~20分ぐらいたってから出てきたのがこれ

20101219_002

20101219_005

20101219_003 麺は細めでコシはあるし美味しいと思います。柑橘類もすだちがのっていてうどんには合うと思う。出汁もうまい。が海苔が多すぎる。多分讃岐うどんのぶっかけでこれだけの海苔を入れてこられたの初めてというか多分海苔を入れて出された事がない。海苔の味が強くなってしまって・・・。天丼の方はタレが結構しょっぱめでかけている量が少なめにしている感じ。ごぼうも美味しい。こちらは海苔が良いアクセントになってとても美味しい。

うどん屋さんではあるが日本酒などに力を入れている感じで酒のつまみも美味しそうなメニューが結構あった。日本酒で乾杯と書かれた日本酒蔵組合のパンフレット(静岡県内)が置いてあった。多分店主が日本酒に関して詳しいんだろうなという感じがする。日本酒(冷酒)が550円均一というのも良い。もっと場所がよければ夜、一杯を飲みに行ってもよいかなという気もする。

ちなみに日本酒で乾杯とは日本酒蔵組合が推進しているもので日本酒で乾杯推進会議というのもがあり私も会員になっている。

201012 会員の三ヶ条として日本文化を愛すること・日本酒を愛すること・率先して日本酒で乾杯することなっている。興味のある方はネットで日本酒で乾杯と検索してみてください。

次回行く時は海苔ぬきでうどんを注文しようと思う。

| | コメント (0)

牡蠣ととろろ昆布

私は牡蠣が好きだ。という事で牡蠣を色々な食べ方で食べる。といってもあまり手をかけない。昨日食べたのがこれ

20101217_002

20101217_001 牡蠣は加工用の牡蠣を使用。まずは牡蠣をフライパンで温め火を通す。かつお節、味の素、だしの素、その他、家に置いてある科学調味料をお椀中に入れる。それにとろろ昆布と醤油、日本酒、お湯を入れ、味を調整していく、そこに牡蠣を入れ、とろろ昆布と絡めて汁と一緒に食べる。途中、日本酒、とろろ昆布、醤油、お湯を足しながら食べすすめる。日本酒にぴったり合います。

これと日本酒とマグロの刺身を食べながらオペラ座の怪人を観ていたら日本酒がすすんでしまい1升までは行かないと思うが7・8合は飲んでしまった感じ。(複数の日本酒を飲んでいて、どの瓶にどれだけ残りがあったか分かっていない為、正確な量が分からない)これじゃ、また太るなと思う自分がいる。

| | コメント (0)

眠味 唐揚げ定食 (清水区)

14日、夜野暮用で出かける。で用事が済んだのが21時ごろで何処かで夕食をという事にない入ったのが眠味という中華料理の店、で注文したのが唐揚げ定食。13日に食べた豚の唐揚げが今一つだったため普通のから揚げ(鶏)を食べようと店に入った後、メニューを見て決めた。

先程、前回この店に入ったときの自分のブログを見たのだが同じから揚げ定食を注文している。http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2009/10/post-c9fb.html

この時書いたままというのが感想、一つ違うのは今回は塩ラーメンではなく醤油ラーメンを選択していて、醤油ラーメンは昔ながらのラーメンという感じで美味しい。

20101214_001_2

20101214_002

唐揚げはやはり鶏の唐揚げが美味しい。唐揚げ定食950円。こんなもんかな?

| | コメント (0)

熱海駅 とん漬弁当

シアター上野には2回目終了までいて、その後静岡まで18キップを使い戻る。

東京発、18時06分の熱海行き電車にのり熱海着が20時、その先、東海道線下り島田行きが20時10分発。という事で熱海駅で10分の待ち合わせの時間がありその時間を利用して駅弁を買う。買ったとところは熱海駅改札を入って正面にある売店。正直な話この時間帯だったので全部売れ切れていてもしかたないと思っていたのだが5種類ぐらい全部で20個ぐらい売れ残っていた。で今回買ったのがこれ

20101213_015 とん漬弁当というもの、選んだ理由は食べた事がない駅弁だったから。中身はこんな感じ

20101213_017 特徴はやはりわさび漬けが入っている事かな。静岡の駅弁には本当にわさび漬けが入っているものが多い。他にごぼうサラダに山くらげ漬けに大根辛味漬け。豚肉はそれほど厚くなく薄いが味噌漬けで美味しい。わさび漬けはやはり醤油がほしいと思うのは私だけだろうか?他のものは普通。弁当が冷たかったというのが印象に残る。常温保存しているだけだから仕方ないのだろうが・・・。

とん漬弁当900円。ちょっと高めのような気もする。

| | コメント (0)

豚道楽 豚の唐揚げ定食 (上野)

今日13日は上野へ出かける。11日から13日まで3連休。先月仕事が忙しく休みの日などに出ていた為、その代休を月曜日に取ったために3連休となる。連休初日は名古屋・三重に美術館とAVのイベント、昨日は横浜能楽堂に狂言を観に行って、今日は上野にストリップを観に行く。本当に遊んでばかりいるなー。

家を出る時は雨が降っていなかったが、上野駅に着いた頃は結構雨が降っている。12時ごろ上野駅に到着。まずは昼飯を食べることに、雨の中、何処で食べようか迷いながら歩く、結果入ったのはシアター上野から30秒ぐらいのところにある豚道楽という店に入る。(一般的な説明では鈴本演芸場の2軒隣、大きな道路に面したツタヤの隣という説明の方が分かる人が多いと思うが・・・・)店の前に出ている看板の中に豚の唐揚げというものがあってそれが気になって入った。

20101213_009 店は地下で結構下まで降りる感じ。お昼のメニューを頼むとフリードリンクが付いていてウーロン茶やコーヒーなどが飲み放題となっている。店の中に1人用の半ボックス席があるのは良いと思った。注文したのはもちろん豚の唐揚げ定食。注文してしばらくするとこれが出てくる

20101213_004 ご飯は大盛り、大盛りでも普通盛でも値段は同じとの事。写真でご飯の影に隠れてしまっているのがポテトサラダ・漬物に生卵・味噌汁付き。うーんよく分からないというのが感想。何の為の生卵なのか?ご飯にかけるの?唐揚げにつけて食べるの?とりあえず醤油をたらして混ぜてすき焼き風に唐揚げをつけて食べて見た。うーん違うだろうという事でご飯にかけて食べる。味が基本的に薄い。キャベツにドレッシングがかかっているが完全に味が薄い、健康志向なんだろうか?テーブルの上にはソースなどは置いておらず醤油しか置いていないためキャベツにソースをかけることも出来ない。味噌汁も味が薄く具材がたくさんありそちらの具材の主張が強い感じでまとまってない(はっきり書けば味噌汁に関しては美味しくない)メインの豚の唐揚げに関しても同じで味が薄いぼやけている。普通にスーパーなどで売っている鶏の唐揚げの方が美味しいと思える。そもそも豚肉を唐揚げにするのはどうだろう?味付けを工夫すればもっと美味しくできると思うが・・・。なんなんでしょうね?

豚の唐揚げ定食850円。もしかしたら他のメニューは美味しいかも知れません。ただこの味噌汁・漬け物を出しているようでは期待は出来ない。あくまで個人的な味覚ですので・・・。

| | コメント (0)

花いち 赤坦々麺 (清水区) 閉店

12日狂言が終了してなんだかんだでそのまま何処にも寄らず清水駅に戻る。で時間が19時を過ぎていた為何処かでゆ夕飯をという事で行ったのが坦々麺の専門店の「花いち」静岡市内に何店舗かあるチェーン店。今回行ったのが国道1号線沿いにある店舗。

店に入ってメニューを見ると坦々麺以外のラーメンメニューがある。この前入った時は(かなり前)こんなメニューがなかったような気がする。で頼んだのが普通の坦々麺より辛めの坦々麺、赤坦々麺というものと半チャーハン。しばらくするとこれが出てくる

201012121 坦々麺のアップ

201012122_2 うん、これ結構辛く私にはちょうどいい辛さ。これくらいの辛さの坦々麺を食べ終わったスープの中に真っ白いゆで卵を入れてそれをつぶして食べると美味しいのだが・・・。トッピングのメニューにはあじ玉(味付け玉子)しかない。うーん残念。チャーハンも葱が多く入っていてそれなりに良い味。

赤坦々麺900円に半チャーハン200円。少し高めかな?ちなみに普通の坦々麺は800円。

| | コメント (0)

寿し魚遊 (横浜桜木町)

12月12日は第2日曜日で横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜狂言堂が開催される為、横浜能楽堂に出かける。狂言は13時会場の14時開始。横浜に12時半過ぎに着いてランチを何処かで食べることにする。ちなみに移動は18切符使用。

今回は桜木町駅近く、有名なラーメン屋「一欄」の隣にある「寿し魚遊」という店に入る。店に入るとすぐにL時のカウンターがありカウンターの中に2人の寿し職人がいる。カウンターの上は半分がショーケースになっていてネタが並んでいて半分が水槽になっていた小さ目のカワハギと鯵が泳いでいる。他にも水槽があり色々な魚がいる。上にぎりを注文する。一人の職人が寿しを握り一人が巻物を担当している感じ。5分~7分ぐらいだったと思う。出てきたのがこれ

201012123

201012124 今回いつも使っているカメラを忘れ携帯電話で撮っている為、斜めになってしまい画像もよくない。寿し10貫にかんぴよう巻きに味噌汁・茶碗蒸し・サラダこれが上にぎりを頼むと出てくる。ほかにお茶も出てくる。お茶は回転寿司で出てくるようなお茶パウダーを使ったもので温度もぬるいものが出てくる。味噌汁は海老の出汁がしっかり出ていて美味しい。茶碗蒸しは小さめのものでこれもぬるいが海老や銀杏なども入っている。サラダは特徴のないサラダ。寿しは小さめだがその分ネタは厚めという感じ、まぁ女性客が喜びそうな感じかな。

上にぎり1000円。まぁこの内容で1000円なら満足です。

| | コメント (0)

はまぐり食堂 (三重県桑名市)

桑名駅に戻り駅前をうろつく。目的は夕食を食べる為、事前に調べたところによると桑名市ははまぐりが名産とのこと、で駅近くではまぐりを食べさせてくれる店を何件か調べておいてなんだかんだで入った店がここ

20101211_014 そのまんまの名前はまぐり食堂。注文したのが蛤セットに熱燗。まず熱燗が運ばれてくる。メニューにも白鹿と書かれているが白鹿のどうゆう酒(純米酒・本醸造など)かはかかれていない。

20101211_019 うーんなんにしても熱過ぎる。これならどんな酒を使ってもあまり変わらない感じがする。日本酒を飲みながらはまぐりが出て来るのを待つ。しばらくすると

20101211_020 が出てくる。焼きハマグリにハマグリのお吸い物・ハマグリの時雨煮ご飯。

お吸い物を一口飲み、焼きハマグリを日本酒と一緒に食べていると

20101211_023 ハマグリのフライが運ばれてくる。焼きハマグリは日本酒と合う。これ吟醸酒なんかよりも熱燗の方がハマグリの味に負けないので良い感じ。焼きハマグリの味は焼きたてで美味しい。ハマグリから出た汁が美味い。お吸い物はまぁそれなりのはまぐりがあればどの店でも出来そうな味。はまぐりのフライ、これは塩をかけて食べます。店の人が塩をかけて食べてくださいと塩を置いていく。テーブルなどには醤油などの調味料は置かれていないため、塩以外かける事ができない。ハマグリをフライで食べるのは初めてだがこれ美味しい。揚げたてであたたかく、これが1番美味しかった。

あと、時雨煮ご飯、これはご飯の中に時雨煮が挟まっている。はじめそのまま食べその後だし汁をかけて食べる。

20101211_024 これも美味しい。まぁ最後はお茶づけという感じだがだし汁がハマグリからとった出汁で美味かった。

蛤セット1890円に日本酒400円ど合計2290円。まぁ値段的にはこんなもんなのかな?

| | コメント (0)

11日その後

名古屋ボストン美術館で浮世絵展を観る。感想としては浮世絵って額に入れて観るものではないかも知れない。やはり写楽は好き。歌麿は良い。清長は印象に残らない。図録が高い、他のものそんなに高くないのに・・・写楽の代表的な絵というのもなかった。ボストン美術館の所蔵品のみでやっているから仕方ないのかも知れないが・・・。全体的に悪くはないが・・・これという作品がない展覧会という感じ・・・私自身あまり知識がないのでよく分かりませんが・・・感覚としてはこんな感じ。

次に向かったのが三重県の桑名市。桑名市と言っても目的地の最寄の駅は益生駅という駅で近鉄名古屋線の駅。今回18切符で行っているため桑名駅までJR関西本線を使い桑名駅で近鉄に乗り換え益生駅に行くというコースをとる。これが結構時間がかかる。多分時間帯にもよるのだろうが・・・驚いたのが関西本線が単線だった事。多分この地域は近鉄の乗ったほうが便利なんだろうななどという事を思う。

桑名市には道劇の香坂玲依寧さんがAVデビューするという事で東京書店桑名店でイベントがあるという事で行く。まぁこうゆうイベントというのは行った事がなくどんなもんなんだろうと興味もあり行ってみる。18切符なんで名古屋に行こうと、桑名に行こうと料金が変わらない為(今回は近鉄を利用している為、近鉄料金はかかる)イベントはあっけなく終わり?あの後何かがあったのかも知れないが・・・・。まぁこんなもんなんでしょう。

という事で益生駅から桑名駅に戻る。

| | コメント (0)

吉田寿し (名古屋中区丸の内)

昨日(12月11日)は名古屋と三重県の桑名に出かける。名古屋には現在、名古屋ボストン美術館で行われている浮世絵名品展錦絵の黄金時代を観に行く為、この展覧会は観ておきたいと思っていて18切符が使えるようになってからと思っていて、この日桑名でイベントがあった為、それにも行きたいと思った為、この日に行く。

名古屋に着いて向かったところは丸の内、以前から行ってみたいと思っていた店がありそこに行く。丸の内にある「吉田寿し」

20101211_002 うーんこうゆう雰囲気大好き。店のパンフレットによると明治初期に移築された建物で戦後、料亭吉田として営業をはじめその後すし店を併設し現在に至っているとのこと。

寿司店の方に入る。入り口は結構狭い感じがする。店の中はL字のカウンターと座敷のテーブルが2個か3個あったかな?カウンターのショーケースにはネタではなく酒器が並んでいる。どれも趣きがありかなり古いものという感じがする。今回注文したのが冬時期にしか出していない「かき雑炊」を注文する。

私、以外に客は1組3人(全て男性50代ぐらい)でカウンターで日本酒を飲んで楽しそうに話をしている。こうゆう客がつくりだす雰囲気も良い感じがする。

注文をして10分ぐらいだったろうか出てきたのがこれ

20101211_004

20101211_006 これ美味いです。私は牡蠣が好きで色々なものを食べてきたけどこれはすごいです。絶品です。この雑炊の中に牡蠣が10個ぐらい入っている(数えてなかったので正確ではない)それとこの出汁が本当に美味しい。のり・玉子・しお昆布・柑橘系のものが何か入っているがこの酸味これが絶妙。

大満足でした会計は980円。名古屋能楽堂からそれほど遠くない場所でもあるので機会があればまたお邪魔したい店です。満足して浮世絵展に向かう。

| | コメント (0)

天よし うな丼 (清水区)

今日は定期受診の日で仕事を休む。先月忙しく休日出勤などしていた為、振替休日にする。受診は予約制だが時間通りには行かず薬を受け取るまで含めれば12時ぐらいになっていた。で今日の昼飯を何処で食べようかと思いバイクで走る。色々あり今日入ったのが草薙駅前にある「天よし」というお店。このお店に入るのは初めて。入るきっかけはこの看板

20101209_003 この看板はバイクで走っていては見えない。たまたまバイクを置いて歩いたから見つける事が出来た。

もちろん注文したのは、うな丼。店の中はカウンターが7席か8席ぐらいと座敷があるが座敷も4人が座れればいっぱいという感じ(見えない部分もありもっと座れるかもしれない)というこじんまりとした店。うなぎは生きた鰻が桶の中にいる。

カウンターに座ったのだがちょうど店主がどうやって料理しているか見えない場所で鰻を捌くところからやっているかは不明。店は店主一人でやっている。他の客は座敷にいる客1組(何人かは分からない)とカウンターに1組2人50代ぐらいの女性2人。カウンターの2人の話題は市川海老蔵の事件の事。うーん人が何を思おうが何を言おうが勝手だが・・・別に盗み聞きしているわけではないのだが聞こえてしまう。「あんたら歌舞伎を観たことあるの?海老蔵の歌舞伎観たことあるの?あの存在感(うまいとか下手とではなく)はあの年代ではずば抜けてるのは間違いない事実だ」と言ってやりたかった。それはさておき注文して15分ぐらいするとこれが出てくる

20101209_001うな丼のアップ

20101209_002_2 味噌汁は豆腐とわかめの味噌汁で味は濃い目の味付け。漬物はぬかずけで美味しい。鰻はふっくらしている、タレは甘さが抑えられていてしょっぱさより酸味がある感じのたれで、「あ、こうゆうタレもあるんだ」という感じのたれ。

うな丼1000円。たまたま見つけた店でこれだけのものが食べられれば満足です。本当にネットなで紹介されていない良い店探せば結構あるんだろうなと実感する店。

| | コメント (0)

清水まぐろと貝焼き 馬鹿貝  (忘年会)

という訳でちょっと早めの会社の忘年会です。場所は清水の魚市場の2階。河岸の市の隣。目の前は海。店の中はこんな感じ

20101203_045 ガスコンロが各テーブルにあり椅子が一升瓶のケースを加工したもの。今回は忘年会で幹事をやっているわけではないので出てきたものを飲み食いするだけ。飲みの方は飲み放題となっているとのこと。まずホタテと牡蠣が運ばれてくる。ホタテと牡蠣が運ばれてくる前に店員がガスコンロに火をつける。で乾杯どころか飲みものが運ばれていないのにどんどん焼きはじめてしまう。その後飲み物が来て挨拶だ乾杯だやっているうちに牡蠣は焼きすぎの状態に

20101203_027まぁ忘年会だから仕方ない。牡蠣はかなり淡白な感じでおそらく生で食べられるものを使っている感じがする。ホタテは醤油をかけ味付けして食べる。まぁ普通。次に出てきたのがイカの塩辛

20101203_028 バランスがとれていてそれなりに美味しい。ただ酒(日本酒)のアテとしては味が薄い感じはする。次に出てきたのがサラダ

20101203_029 これは魚介類中心の店ではのサラダで貝やサーモン・海老など入っていてドレッシングなども美味しく、美味かった。次に来たのがまぐろの串かつ

20101203_030 揚げたててまぐろの嫌なクセもなく美味しかった。次に出てきたのがハマグリ。食べたはずだがあまり記憶にないということは普通の味だったと思う。大きさはかなり大きいもの

20101203_031

次に出てきたのが鮪の兜焼き

20101203_035_3 大きさは写真に写っているフォークやスプーンなどで判断してくれればわかるとおりそれほど大きな鮪ではないこれが4人に1個出てくる。味は好き嫌いがあるのでは・・・私はどろどろした部分も身の部分も皮も好きだが・・・多分この料理は予約しておかないとすぐにつくれるものではないと思えるので・・・・。次に出てきたのが蟹と鶏の唐揚げ

20101203_037

20101203_040 焼き蟹香ばしくてそれなりに美味しい。お腹がいっぱいになっているところで鶏の唐揚げはと思うがタレがかかっていて結構いける。最後にまぐろといくらの軍艦巻きと味噌汁・デザートにアイスクリームが付いた。

20101203_042 最初の乾杯のみビールで後は

20101203_033 日本酒で最後までいく、この店が使っている銘柄は花の舞、静岡県西部の蔵元の酒。辛口で飲み放題で使っている日本酒としてはかなり美味しかった。まぁあまり体調がよくなかったのでそんなに飲まなかったし2次会にも行っていない忘年会でした。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »