« 横浜 寿し天龍 | トップページ | 熱海 燕京  »

2010.10.10.横浜能楽堂

今日の狂言は仏師と茶壷でどちらもよく演じられている狂言で私も両方とも何回も観ている狂言。今回は善竹忠一郎家が中心の狂言の会で、この家の狂言はあまり観たことがない。まぁ大蔵宗家などと一緒に狂言を演じることが多いのでは・・・今回も大蔵宗家の方がアドで出演されている。

感想としてはきれいな坦々とした狂言という感じ。迫力という面では物足りなさがありものの型の美しさと飄々坦々としたものの進め方。りきまないで基本に忠実な狂言をしているという感じがした。

機会があればこの家のやる「武悪」なんか観てみたいと思った。どんな感じになるんだろうか?

上演時間も1時間20分ぐらい終わっていてあっさりしているという感じで観ている方が疲れない。気がるに観れるという感じ。

思ったこと簡単に書いてみました。

|

« 横浜 寿し天龍 | トップページ | 熱海 燕京  »

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜 寿し天龍 | トップページ | 熱海 燕京  »