« 昨日の酒の肴 | トップページ | 大江塩津駅 (片山津温泉の旅2) »

豊橋駅 駅そば  (片山津温泉の旅1)

9月4日土曜日朝、電車にのり西に向かう。そもそもこの計画は今シーズンの18切符の2枚目を買う時から始まった。どう考えても予定をつくらないと18切符が2回分あまってしまう。

そうだ温泉に行こう。18切符をフルに使うとすると8時間~10時間電車に乗って行けるところがちょうど良いかなという事でネットを使い色々調べる。で出てきたところが加賀温泉郷、その中でも柴山潟のほとりにある温泉街。片山津温泉というとこに行く事にする。

まずは東海道線で米原駅まで、朝6時22分清水発の電車に乗り豊橋駅に8時32分に着いて乗り換えの時間が14分あるためそこで朝食を食べる。駅そばだ。豊橋駅で駅そばを食べるのは初めて。乗り換え等でよく豊橋駅はよく降りる事がある駅なのだが立ち蕎麦を利用した事はなかった。

立ち蕎麦は蕎麦とうどんときしめんの3種類がある。さすがに愛知県きしめんがある。きしめんにしようかなとも思ったがオーソドックスな天ぷらそばにする。

201009045_008

特徴は葱の量と油揚げ。葱を大量に入れる事と油揚げが入っている事。前に並んでいた人がかけ蕎麦をたのんでいたが油揚げが入っていたので油揚げはすべてのものに入れているのかも知れない。天ぷらの衣が厚く蕎麦の汁がしみこみにくい感じ。味は結構濃い味で私好みの味でした。

|

« 昨日の酒の肴 | トップページ | 大江塩津駅 (片山津温泉の旅2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

朝食」カテゴリの記事

蕎麦・うどん(蕎麦屋・うどん屋)」カテゴリの記事

18キップの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日の酒の肴 | トップページ | 大江塩津駅 (片山津温泉の旅2) »