« しゃべる大捜査線 | トップページ | 2010.4.11 横浜狂言堂 »

呑ぶりや 桜木町ぴおシティ 閉店

4月11日第二日曜日という事で横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜能楽堂に出かける。

狂言が始まるのは14時からで12時ごろ桜木町に着く。11日という事で18切符を使えるのは昨日までという事で清水~湯河原~戸塚~桜木町というキップの買い方をする。こうやって買うと250円節約できる。

とりあえず何かを食べてという事になるが野毛の町を歩くがここという店が出てこない。で行ったのが駅の近くにあるびおシティの地下2階の食堂街。入ったのが呑ぶりやという店。

20100411_019 店の前にあるサンプルの値段を見るとかなり安価で食事を提供している。マグロ丼600円・アナゴ丼600円・ひれかつ丼600円などなど。

で注文したのが、うな丼・そば付きを注文。店の中は壁などが古い感じで・・・・昭和初期をイメージしたビール会社のポスターが貼られている。出てきたのがこれ

20100411_014 時間的には注文してから5分~10分の間に出てくる。当然うなぎはつくり置きしたものを温めただけだろうと思う。気になる点は皮。これが固いというかネチネチしている感じがあり。身もそれほど厚くはなく、とりあえず国産ではないだろうという感じ。蕎麦は細い麺で汁の味が濃い。立ち蕎麦クラスの蕎麦という感じ。

うな丼・蕎麦付き1000円。まぁこんなもんでしょう。ちなみに蕎麦付きではなく味噌汁付きにすると850円。すべてのメニューが蕎麦付きにすると150円プラスになっている。

|

« しゃべる大捜査線 | トップページ | 2010.4.11 横浜狂言堂 »

劇場近くの飲食」カテゴリの記事

うなぎ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しゃべる大捜査線 | トップページ | 2010.4.11 横浜狂言堂 »