« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

時代

昨日、歌舞伎座が千秋楽で一応(お別れ会などあるが)今の歌舞伎座はなくなってしまう。建て替えで今度の歌舞伎座ができるのは3年後との事。

私が歌舞伎座に行くようになったのは、数年前、国立能楽堂に狂言を3人で観に行く事になりどうせ東京にいくなら朝から行こうという事になり何か面白そうなものはないかとネットで調べて歌舞伎の一幕見というのがあるのをしり行く事に決めた。一幕見は一体どれくらい前に並べばよいか分からず始発の普通電車で行って8時半ごろ着いてまだ誰も並んでおらず1番で並んだという記憶がある。そりゃ8時半に特に特別人気がある歌舞伎でなけりゃ並んでいる人なんかいるわけないというのは今なら分かるし今だったらその時間だったら歩いて築地に行ってなんか食べてその後並ぶだろうな。3年後築地は今の場所にあるのだろうか確か移転の話があったと思うが・・・・。

3年後、私はどこで何をしているのやら・・・・・

23日。好きな狂言方が亡くなった。山本家の山本則直氏。山本家の3兄弟の二男。これで2度と山本家3兄弟そろっての舞台を観る事ができなくなった。同じ23日に仕事でお付き合いが10年以上あった方も亡くなった。これを知ったのが同じ26日月曜の朝だった。最後に山本家3兄弟そろっての舞台を観たのが1月24日の麻生文化センターで「樋の酒」このブログでも感想を書いている。やはりすごいとしか言いようがない。

なんかこちらが変ろうとはしていないが周りが変っていってしまうのが少しさみしいような気がする。

| | コメント (0)

松永豆腐のまつながという豆腐

日本人やっている関係で40数年間生きてきて豆腐というものをかなり食べてきた。スーパーの1丁30円のものから1丁300円くらいのものや豆腐専門の料理屋に行った事もあるが安い豆腐はそれなりで高い豆腐は良い大豆を使っていて美味しいがどこもそれほど変わらないと思っていた。変ったものとして、男前豆腐系のものが最近あるなという感じがあったが・・・。

松永豆腐の豆腐(まつなが)は今まで食べた事のない食感と味。普通にスーパーなどで売っている醤油なんかかけたら醤油のいやな味(私は醤油が嫌いではない)が引き立ってしまう豆腐。

20100422_001 ご飯と一緒におかずとして食べるのではなくこの豆腐そのものをご飯の時ではなくおやつとして食べると良いかもしれない。そうなってくるとある意味で豆腐ではなくなってきてしまうのかなとも思う。美味い事は間違いない。

ちなみに値段は250gで180円。

| | コメント (0)

やきとり屋 鳥元坊

今日は職場の人達と飲み会?一応名目は3月で退職して違う現場にいった人のご苦労さん会?だったが完全に飲み会だったような気が・・・・。

総勢8名という人数で焼き鳥屋に行く。前もって予約してあり店の奥の座敷に席が用意されている。店は袖師にある鳥元坊(ちょうげんぼう)旧国道沿いにあるかなり昔からある店でそこに店があるのは知っていたが入った事はなかった。

鳥元坊に着いたのは7時5分ごろ。もう全員そろっている?集合を7時と聞いていたが6時30分だったとの事。出遅れた。でもそれほど料理はまだ出ていない。私がついて5分ぐらいすると焼き鳥が運ばれてくる。

20100423_004

手前から時計周りで、つくね・ささみめんたい・すなぎも・タン・ねぎま・若鶏・レバーで各3本ずつであっていると思う。(もしかしたら違うかも)味は普通です。それほど何が美味しくて特徴があるものはなかった。

次に出てきたのがカレーもつこれはもう他の人は食べ終わっていたが追加で注文した。

20100423_007 この店の名物料理と言っても間違いないと思う。この「カレーもつ」でこの店は何回もテレビで紹介されてりるらしい。(らしいというのは自分が見た事がないから)まぁ清水区の居酒屋などでは普通に置いているものでそれほど珍しいものではないが他の地域ではあまりないものらしい。この店ものがレトルト食品として売られている。

20100423

店の中でも販売していて購入しました値段は370円だったと思う。企画・販売は清水酒販株式会社と言ういかにもお酒関係の物扱ってますよというような名前の会社が扱っている。

その後も焼き鳥系のものが運ばれてくる

20100423_009 ねぎに皮

20100423_006_2

シイタケにししゃも。お酒もビールから日本酒へ移っていく。

20100423_010

今回飲んだのは重兵衛という酒。静岡の酒だが何処の蔵元の酒か知らない。その場で店の人に聞けばいいのだが運んできた人と距離が離れすぎていた為やめた。家に帰って調べると「おんな泣かせ」を醸造している島田の大村酒造さんが造った酒。若竹というブランドは知っていたが重兵衛は知らなかった。その後もう1杯「臥龍梅」(こちらは地元清水の三和酒造の酒)飲んでお開きとなる。

その後コーヒーを飲もうということになりデニーズに移動。うーん飲み足りなかった為もう一人飲み足りなさそうな人とビール注文つまみにタラマヨポテトフライ注文。

20100423_015

これ結構美味しかった。まぁ色々な話してここもお開きとなり、家の前まで車で送ってもらったがなんかもの足りない気がして家には入らずそのまま徒歩にていつもの清水軒にいってビールに焼き鳥・最後に特製ラーメンで閉めた。清水軒、結構混んでいて最後の特製ラーメンに行くまで時間がかかり家に帰ったのは今日になっていた。幸せな日だったがこんな事してたら絶対に太るなと確信する自分がいる。

| | コメント (0)

熊谷の薄荷羊羹と北見の薄荷羊羹

薄荷羊羹といえば北海道北見市の清月で作っている薄荷羊羹しかないと思っていた。

しかし最近は埼玉の熊谷市の梅林堂という店でも作っている事を知り取り寄せる。

20100327_039

熊谷薄荷羊羹40.9Cという名前で普通の薄荷羊羹と柑橘味の2種類あり従来からある大きい羊羹(包丁を使って切るタイプ)はなく小さい食べきりタイプのもの。

清月の薄荷羊羹と食べ比べてみる

20100411_001

20100411_010 向かって左が熊谷の薄荷羊羹・真ん中が清月の薄荷羊羹・右が熊谷の柑橘味。

柑橘味に関しては今まで味わった事のないもので、美味しいと思う。

薄荷羊羹だが甘さは清月の方が甘く梅林堂の方が甘さが控えめで後からくる薄荷の爽快感も強い。これはどちらが美味しいという事はなく好きずきだと思う。最近開発した物と昭和10年に開発した物、ほとんど味が変わらないという事を考えれば清月の薄荷羊羹はすごいかも知れないという事は言える。ちなみに清月にも一口タイプの羊羹はあるが主力は大きい羊羹のようで北海道以外で一口タイプのものを見た事はない。

なんにしても選択支が増えたという事は薄荷羊羹好きにとっては良い事だ。

| | コメント (0)

踊る 前売り券

踊る大捜査線の前売りチケットが今日発売。特典としてポストカードが1枚の前売り券につき5枚付く。これが本店セット・キャリヤ組セット・湾岸署セット・強行係セットと4種類ありどれかを選んでもらうことができる。ポストカードの特典はポストカードがなくなりしだい終了とのこと。

どうせ何回か観に行くだろうし、何人かで行く事になる事も踊るの場合考えられる為、とりあえず4枚買ってポストカード全種類そろえようと思い、近くの映画館に行く。近くにある映画館がMOVIXでMOVIXの映画館のみに使用できる券になっている。MOVIXは全席指定の為前売り券があるだけでは入場できず席の指定の為、映画館に来なければ席の予約はできないとのこと。インターネット・電話では受け付けないとの事。当日きて席があれば良いが・・・なければ入る事ができないとのこと。確実に入れる方法としては何日か前に映画館に行ってその日の予約をしなければならないとのこと。ちょっとややこしいかもしれない。

20100417_003 前売りチケットとポストカードこの4枚のポストカードの下に5枚ポストカードが重なっている。一番気に入ったのはこのポストカード

20100417

織田さんと内田さんの2ショット。表情がなんともいえなく良い。今後まだコンビニとかでも前売り券が発売されそれには別のオリジナルのグッツが付くという事があるかも知れないな~と思いながら・・・その前売りはMOVIXで使えるものなのか?など色々考えてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニースで500円ランチ

先月から今月にかけて東京に行く事が多く今週末は出かける予定がない。

今日の昼はしさしぶりにニースに行く事にする。ニースに着いたのが13時50分ごろでもうひと段落して空いているかなと思い行ったのだがむちゃくちゃ混んでいる。そのうえ店主が見当たらない。この店は店主、一人でやっている店なので・・・・はじめは奥のほうで調理しているのかなと思い、カウンターに座ったのだが全然人影がない。

そのうち5分ぐらいすると店主がビニール袋を持って店の入り口から入ってくる。(多分、昼に客が来過ぎて材料かご飯が足りなくなり近くに買いに行ったものと思われる)

「ばたばたしちゃって、遅くなってごめんね」と店主が待っている客全てに言っている。今日の昼のメニューは

20100417_002

ポークカツを注文する。店主が帰ってきて5分~10分もかからないうちに待っていた客のところに料理が運ばれてくる。私のところにもかなり早めに料理が運ばれてくる。

20100417_001

今日は一皿に全て盛ってある。ご飯にポークカツにソーススパゲティ・レタス。味は・・・・急いで作りすぎたのか・・・カツの衣が硬い、ソースがしょっぱ過ぎるうえに味にムラがある。いつもはもっと美味しいんだが・・・・。今回のランチは今一つでした。でもこれ500円でこのほかに飲み物が付くので。今回は飲み物何にするか聞かれることなく、入れてあったホットコーヒーを出される。まぁそうゆう日もあるか、という感じでした。

| | コメント (0)

百味鮮 ふたたび

15日、昨日の昼。都合で外食となる。入った店は都合で1回入った事のある清水インター近くにある台湾料理「百味鮮」にはいる。前回はhttp://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2010/02/post-a8f0.html

今回は日替わりランチを注文。今日は酢豚と店の入口にある黒板に書かれている。日替わりランチはラーメン・ごはん・サラダ・一品がついて680円。一品とサラダは日替わりでラーメンは豚骨ラーメン・台湾ラーメン・醤油ラーメン・塩ラーメン・豚骨塩ラーメンから選べる。今回は台湾ラーメンを選択。出てきたのがこれ

20100415_002

台湾料理の店だが名古屋生まれの台湾ラーメンを出している。まぁ日本で台湾ラーメンと言えばこれが出てくると思っているので問題ないが・・・ニラやネギ、ひき肉、唐辛子などが入っていてチョイ唐のラーメンサラダが中華風のサラダでこれもチョイ唐。チョイ唐がそろってしまった。

ラーメンは麺が茹ですぎで柔らかい。スープは美味しいのだが・・・サラダはまぁまぁだが台湾ラーメンとの組み合わせは・・・。酢豚は玉ねぎ多すぎという感じ。味はそれなりに美味しいと思う。これだけの量で680円ならこの地域では十分納得できるかなという感じです。

| | コメント (0)

2010.4.14 歌舞伎座 第一部 

今月で今の歌舞伎座で歌舞伎を見られるのは最後になる。建て替えのため3年間歌舞伎座で歌舞伎を見れなくなる。

そのためというか今月は面白いものをやっていて4日に第2部、6日に第3部を幕見で観ている。今日は第1部を観に行く。今回は幕見ではなくきちんとチケットが取れている。取れていると言っても3階席西側2列目5番というとんでもなく見にくい席。

席に着くまでは幕見席ではないのでそれなりに見えるだろうと思っていたが・・・舞台の約半分が視角で見えない。確かにそれなりに舞台彼は近い為役者の動きはしっかり見えるのだが・・・昨年の12月にも3階西側2列目には座った事があったが後ろの方だったのでそれなりに見えたが・・・。

20100414_018

ここは見えなすぎて集中力がなくなってしまう。花道はもちろん下手側の動きは音や言葉で想像するしかない。今、考えればイヤホンガイドを借りれば少しは良かったのかなと思うのだが普段借りた事がないため考えつかなかった。

この席なら座るのなら絶対に幕見の方が全然良いと思う。今回の立て直し後はこうゆうう席はなくなるだろうから座れて良い経験ができたという考え方もあるが・・・やはりある程度全体が見えないと・・・私だけかもしれないが内容全体の部分は分かるが細かい部分が分からず、くどい・しつこいという印象が強くなってしまう。(筋書きを読んでいても)

今回、私にとって、建て替え前に行く最後の歌舞伎座でしたが今一つでした。

| | コメント (0)

歌舞伎座で辨松の弁当 

ラーメンを食べ築地場外の店をひやかし歌舞伎座へ向かう。今日は幕見ではなくしっかりとチケットを持っている為、並ばなくとも良い。今回、幕間の食事は弁当にしようと思っていた為以前より気になっていた店に入る。

歌舞伎座の道路はさんで目の前にある。木挽町辨松という店。

20100414_016

店の前弁当のサンプルがあり派手さがない弁当が中心の店のように思える。普段食べなれているのもを弁当に入れおそらく何十年と営業していそうな店なので間違いなく美味しいはず。

今回購入したのは幕の内2番という弁当。

20100414_023

20100414_025

20100414_024

最後の写真はご飯がついた蓋の部分です。昨今、ビニール状もの掛けられている弁当が多くこんなの最近見たことがなく思わず写真に撮ってしまった。これが昔ながらの弁当といった事を感じさせる。ネットで調べて見たら140年の老舗とのこと。

味の方は一つ一つが多分丁寧につくられていて美味いです。本当に派手さがないが美味しい味付けで多分素材も良いものを使っているのだと思うが・・・。

定価693円。確かに私にとっては量が少ないが納得できるというか、味を考えるとリーズナブルな弁当かもしれない。

|

築地 大一 ラーメン

4月14日朝、9時すぎ築地市場界隈にいる。目的は朝食。しかし

20100414_010

築地市場は休み・・・事前に調べておくべきだった。なぜ築地にいたかというと歌舞伎を観る為に歌舞伎座に行く。歌舞伎座に入る前にちょっと早めに出かけ朝食を築地で食べその後、お昼に歌舞伎座周辺売っている小さめの弁当を買えばちょうどいいかなと思ったのだが・・・

場外でどんぶり物を出す店が結構あってそこは開いて、そこで食べてもよかったのだが結局、ラーメンにいってしまった。

20100414_009

ここに決めたのは単純で空いていた店がラーメン屋ではここしかなかった。有名な井上の隣にある店。システムは食堂というよりラーメンを買って、歩道に置いてあるテーブルで食べ食器を返すというシステム。メニューはラーメンと味噌ラーメンのみ。

ラーメンを注文。出てきたのがこれ

20100414_007

薄めのチャーシューが2枚に煮タマゴにメンマ。麺は細めの黄色い麺。具が美味い。チャーシューは薄いがちょうどいい歯ざわりで美味い。煮タマゴも中は黄身がとろっとしていて美味い。スープがぬるいという事を除けば本当に美味しいラーメンだと思う。

ラーメン600円。ちなみに味噌ラーメンも600円。築地に海鮮ものではなくラーメンを食べに行く結果になりました。

| | コメント (0)

2010.04.11 渋谷道頓堀劇場

横浜能楽堂で狂言が終わったのは15時30頃でその後渋谷に向かう。行ったのは渋谷道頓堀劇場。着いたのが16時30分前。3番4番のデジカメショーをやっている

5番・香坂玲依寧嬢・デビューしてまだ1か月もたっていない新人で今回が2周目のステージ。やっているものはデビュー週にやっているものと同じもの。デビュー初日と7日目に観ているが7日目に観た時のものと変わらない良くもなってないし悪くもなっていない。なんにしても今後に期待したい

6番・篠崎ゆめ嬢・新人さんの次は10年以上この世界にいるベテランさん。といってもこの人は元気いっぱい。跳ねている感じ。ミツバチの格好をしたもので細部まで衣装にこだわっている感じ。バランスの良いスタイルで多少過激なところもあり人気があるのがわかるような気がする。

1番・泉希嬢・はじめ動きが悪いかなと思ったが全然そんなことはなく汗一杯でダンスをしていて何回も書くかもしれないがダンスが好きなんだろうなという感じが出ている。

2番・汐乃梓嬢・「太陽」以外の演目をひさしぶりに観た。化粧や髪形などから漫画のエースをねらえに出てくる登場人物(特定ではない)を思い浮かべる。

3番・盃島楓嬢・初見の方。線が細い感じ細身の人が好きな人には魅力的だと思う。胸にあるほくろが印象的。対応が丁寧でおっとりしている感じ。ルックスも良い。デビューして約1年かなり劇場に乗っている。納得です(色々な面で)

4番・川村あいね嬢・何度か観た事のある方。均整がとれた体でダンスも美味い。ただこの人の贔屓かどうかわからないがタンバリンを客席で座ってたたく輩がいて、それが私のすぐ後ろでやっていてこの人のダンス中ずーとうるさい。それが気になった。タンバリンが悪いとは思わないが客席に座ってやるな近くに座っている人はうるさくてたまらん叩いている輩は分かってないんだろうな。

という事で2回目の5番~3回目終了まで滞在する。

| | コメント (0)

2010.4.11 横浜狂言堂

13時少し過ぎに横浜能楽堂に着く。とりあえず来月の狂言の日のチケットを購入。インターネットで購入すると手数料等で2368円になるが横浜能楽堂で買えば2000円ですむのだがチケットが前日の土曜日販売の為、売り切れの場合もあるので今後は土曜日の売れ行きをみながらネットで買うか?能楽堂で買うかになっていく。

今回は野村萬蔵家の狂言方の狂言となる。万蔵家は何度となく観ている家の一つ。まずは吉住講氏による解説。名乗り・道のり・呼び出し・柱・松などの解説と今回の演目八句連歌・茶壷の解説。誰でもわかるように解説されていたと思う。

八句連歌     貧者 野村万禄    某 野村 万蔵

万禄氏を観るのは多分初めてではないと思うが8世万蔵に似ている。と思ったのが今回の第一印象。狂言が進んでいくうちにそうでもないと思う。万蔵氏は与十郎の時代によく観ていて万蔵になってから多分数回しか観ていない。八句連歌を観るのは初めて。何処かで観ていてもおかしくないと思うのだが観た記録がないし記憶もない。うん。この40代の狂言方の家に生まれた2人がやっている狂言だけに間違いないと言うか流れるように進んでいく感じ。良かったす。

茶壷   すっぱ 野村扇丞  中国の者 野村太一郎  目代 吉住講 

この狂言はストーリーを知っていると面白さが半減してしまう狂言だが・・・記憶が定かではないが解説の時吉住さんネタばらしてなかった?うーんそれぞれのキャラクターに演者が上手くはまっていた感じはあるのだが・・・ストーリーが分かっていて観る狂言としては面白みが少なかったかな(観る方の力不足)という感じでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呑ぶりや 桜木町ぴおシティ 閉店

4月11日第二日曜日という事で横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日という事で横浜能楽堂に出かける。

狂言が始まるのは14時からで12時ごろ桜木町に着く。11日という事で18切符を使えるのは昨日までという事で清水~湯河原~戸塚~桜木町というキップの買い方をする。こうやって買うと250円節約できる。

とりあえず何かを食べてという事になるが野毛の町を歩くがここという店が出てこない。で行ったのが駅の近くにあるびおシティの地下2階の食堂街。入ったのが呑ぶりやという店。

20100411_019 店の前にあるサンプルの値段を見るとかなり安価で食事を提供している。マグロ丼600円・アナゴ丼600円・ひれかつ丼600円などなど。

で注文したのが、うな丼・そば付きを注文。店の中は壁などが古い感じで・・・・昭和初期をイメージしたビール会社のポスターが貼られている。出てきたのがこれ

20100411_014 時間的には注文してから5分~10分の間に出てくる。当然うなぎはつくり置きしたものを温めただけだろうと思う。気になる点は皮。これが固いというかネチネチしている感じがあり。身もそれほど厚くはなく、とりあえず国産ではないだろうという感じ。蕎麦は細い麺で汁の味が濃い。立ち蕎麦クラスの蕎麦という感じ。

うな丼・蕎麦付き1000円。まぁこんなもんでしょう。ちなみに蕎麦付きではなく味噌汁付きにすると850円。すべてのメニューが蕎麦付きにすると150円プラスになっている。

| | コメント (0)

しゃべる大捜査線

全く見れません。22時開始で1時間以上前にログインしていたんだけど開始10分前ぐらいになつながらなくなり、何度やってもつながらない。本当に楽しみにしていたのに・・・予定もづらしたのに・・・スタッフルーム監視カメラの最終日のお祭りも予定を動かす事できずに見れなかったし・・・運が悪いというほかないのか?もう始まって1時間経つ。まぁもう無理でしょう。テンション下がるわ本当に・・・。

| | コメント (0)

2010.04.06 歌舞伎座 3部 幕見 並ぶ 今半すき焼き弁当

18キップと6日の深夜快速ながらの指定席券があり向かったのは歌舞伎座。快速ながらの指定券は全く別のイベントに行ってそれが結構、遅い時間までかかりそうな為確保してあったものだったが2日前に歌舞伎座で2部を観て3部を観たいという気持ちが強くなりこちらに来た。

3部は実録先代萩と助六由縁江戸桜の2幕。助六はゆわずとしれた助六寿司の名前の由来となっている演目。人気が高い。一幕見の販売時間は17時50分。17時には歌舞伎座に着きたいと思っていたが実際に着いたのは17時10分前。もうかなりの列ができている。最後尾の看板を持っている歌舞伎座の人が立ち見になりますけどいいですか?との事。まぁ来るのが遅くなってしまったので仕方がない。(結局、助六が終わる21時45分ごろまで立ち見)並んでいる間も立っていて帰りは足が重かった。

先代萩と助六の間には休憩時間が25分ありそこで観客は食事をする。幕見席でなければ地下の食堂で何かを食べるという選択支もあるのだが幕見席はそれができない為、弁当を買って中に入ることになる。今回買っていったのはこれ

2010046_016

浅草今半のすき焼き弁当。銀座三越B2で販売している。

2010046_017

美味い。結構牛肉の量が多い。幕見席のロビー?にあるイスに座る事ができたためそこで食事は座って食べる事ができる。これで1050円。まぁ納得できる価格かなと思える。

| | コメント (0)

生麺フォー

6日、18切符の残り1回分を使い東京出かける。まず行ったのは高円寺にあるベトナム料理の店「チョップスティックス」ここはかなり前から行きたいと思っていた店ではあったが高円寺に用事がある事がなく行く機会がなかった。18切符なのでどこへ行っても同じ料金なので行ってみる。

ここ店は生麺のフォーを使っているという事で有名な店。場所は高円寺からすぐのところにあるが八百屋の真ん中の細い道を抜けなければならなかったりするため少しわかりづらい。

雰囲気は屋台という感じ。注文したのは生麺フォーと蓮茶と海南チキンライスのセット(ランチメニュー)フォーは9種類より選択できそれぞれによって料金が変ってくる。私はシンプルな蒸し鶏のフォーを注文する。

まずハス茶が出てくる。ハス茶はホットとアイスから選択できアイスを選択。結構美味しいハス茶が出てくる。本当に緑茶の色で香りがしっかりついていて美味しかった。

次に出てきたのが海南チキンライスというもの看板によると生姜と鶏ガラスープで炊いたベトナム風炊き込みごはんとの事。残念ながら私はベトナムではこれを食べた記憶がない。チャーハンという感じでどこかで食べているのかもしれないが記憶がない。味は悪くはないと思う。

2010046_004

次に生麺のフォーが出てくる。・・・・。確かにフォーの汁だが・・・。ベトナムにはないフォーだと思う。少なくとも私は知らない。こんなもちもちした食感のフォーはベトナムで屋台・ホテル・チェーン・市場などで20食~30食ぐらい食べ日本でも10食以上は食べているが初めての食感。ベトナムのうどんという言葉がぴったりのもの。香草は少ないし、レモン・ライム等はついてない。

2010046_005 いつもレモンやライムなど店に置いてあるものやフォーについてくるものを絞って入れて食べている為、感じが違う。味そのものもなんか物足りない。ヌクマムとかもう一つ調味料が置かれているが今一つ。期待して行っただけに・・・新宿や池袋や静岡にあるベトナム料理店の出しているフォーの方が好き。ランチAセット蒸し鶏のフォー(麺1.5倍)と蓮茶と海南チキンライスのセット880円値段的にはこんなもんでしょうという感じ。

| | コメント (0)

2010.04.04 歌舞伎座 2部 一幕見

京王百貨店を出て向かったところは歌舞伎座。今月まで公演が行われその後立て直しの為、数年歌舞伎座で歌舞伎が見れない。

歌舞伎座に着いたのが14時少し前。一幕見の2部のチケット販売時間は14時35分もうかなり並んでいる人がいる。最後尾の看板をもった歌舞伎座の人にもしかしたら立ち見かもしれませんけどいいですか?言われる。もちろん立ち見でも構わないのでそのまま並ぶ。

結果として1幕見席の西側の一番隅の前列に座れる。前が通路になっているため人が座らないので思ったより見やすい。

2部の一幕がおわり引き続き2幕目を観る。一幕で帰る人が結構いたため2幕目はほぼ中央の後列に座る事が出来る。幕見席なので花道等は全く見えないが歌舞伎を楽しむ事できる。やっぱり私は1等席より幕見席が好き。

2010044_021

2部が終わり歌舞伎座を出ると歌舞伎座がライトアップしている。

2010044_022 次回チケットを持っているのは1部のチケットの為ライトアップされている歌舞伎座を観るのは最後になるかもしれないなどと思いながら写真をとる。立て直された歌舞伎座には気軽に歌舞伎が観れる一幕席はあるのだろうか?多分ある。きっとある。なければ歌舞伎座ではない。などと考えながら帰路につく。電車の中ではいつものように筋書きを読みながら今日の公演を振り返えり3時間かけ静岡まで戻る。凄い贅沢な時間の使い方をしているのかもしれない(節約の為18キップ使っているだけという話も)

| | コメント (0)

大北海道展 橙ヤ 塩シューシューメン

4日18キップの残りがあるため東京へまず向かったとこは新宿京王百貨店。目的は春の大北海道展に行き薄荷羊羹を手に入れる為。

京王百貨店に着いてまっすぐに北海道展に行きザーッと1周まわる。色々と美味しそうなものがあるがまずは薄荷羊羹を買う。薄荷羊羹はミニサイズのものは置いておらず普通のタイプのものが置いてある。東京あたりだと多分ミニサイズのものが売れると思うのだが・・・私もほしいのは1人で食べきれるミニサイズの方だがないものは仕方ない。購入する。購入時に清月の方とどさん子プラザに薄荷羊羹がなくなって今後通販しかないのかという話をするともう1回どさん子プラザに置いてくれるようにプッシュしてくれるとの事。

その後、その北海道展の間だけ出店しているラーメン屋「橙ヤ」に行くき並ぶ。ラーメンが食べられるまで並んだ時間とラーメンが出てくるまでの時間が40分ぐらいだろうかちょうど昼どきなので仕方ないが、注文したのが塩炭火焼きチャーシューメンという感じのメニュー。要は塩ラーメンに炭火焼きのチャーシューが入っているもの。

2010044_007 本当に1つ1つは美味しいです。塩ラーメンとしては本当に美味しいと思うし、チャーシューもとろとろで炭火で焼いた焦げている部分があり美味い。だがこの二つの組み合わせとなると・・・。海苔も2枚必要か?ここでライスが注文できれば2枚の海苔も生きてくるとは思う(ライスと一緒に食べる)が・・・多分味噌ラーメンかしょうゆラーメンに合わせた美味しいチャーシューだが・・・そう思うのは私だけでしょうか?塩チャーシューメン1050円。このチャーシューならそのくらいの料金かな?北海道のラーメンで1番美味しいと思うのは縁やの海老そば味噌味。チャーシューはお腹がかなり減っている時に限るが清水区のイタリア軒のチャーシュー。(現在のところ)という感じ

| | コメント (0)

はなまるうどん 聖一色店

今日は土曜で仕事が休み。18キップが2回分余っている為、出かけようと思っていたが・・・休みだと、ぐたぐたしてしまい自分の優柔不断さも重なり結局、遠出する事なく過ごす。で昼昼飯も色々あって15時ごろ家からバイクで15分ぐらいかかる、はなまるうどん静岡聖一色(ひじりいっしき)店で食べる。

言わずと知れた讃岐うどんのチェーン店。多分1年ぶりくらいにこの店には入る。前回きた時よりサイドメニュー(セルフサービスでできているものを取って行く)がかなり少なくなっている感じあり。

ぶっかけうどん(中)を注文していなり寿司を2個取る。いなり寿司は普通のいなり寿司としょうがいなりを1個づつ取る。

2010043_001

うどんは暖かいぶっかけで冷たいぶっかけより私は好き。レモンを思いっきり搾ったらレモンの味が強くなってしまった。いなり寿司も2個とも美味しい。

ぶっかけうどん(中)399円、いなり寿司1個95円×2合計589円確かにそれなりには美味しいと思うがセルフサービスで約600円ならもう1品ぐらいなんか付いてもいい感じがするのだが・・・。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »