« 薄荷羊羹が置いてない | トップページ | 歌舞伎 金門五山桐を観ての印象 »

国立劇場 弁当 食事

27日(土曜)仕事の方がたまっていて歌舞伎なんか行っている場合ではないという感じでもあるが、国立劇場でやっている「金門五山桐」の楽日のチケットを購入していた為東京に出かける。とりあえず今日は東京で遊んで明日(日曜)に仕事に出て何とかしようという事にする。

国立劇場に着いたには11時30分ぐらい。国立劇場に入るのは初めてでどこに何があるか分からない。チケット自動発券機の場所も建物の中に分かりづらい。まずは腹ごしらえだが12時公演で歌舞伎が始まる前に食べるべきか幕間が1時間20分後に30分ありそこで食べるべきかという事になるが周りを見るとかなりの数の人が食べている為、弁当を買い食べようと思ったが・・・・。うーんなにこれというような内容の弁当しか見当たらない。もしかしたら行くのが遅くて売れてしまったのかもしれないが・・・・。種類が少ない。おにぎり弁当に700~800円も出したくない。歌舞伎座に比べて華やかさがない。その割に値段が高いというのが印象。で購入したのが歌舞伎座でも売っている柿の葉すしを購入。

20100327_009

20100327_011

20100327_013 それなりに美味しい。値段は900円だったかな?

1階の喫茶店と3階の食堂におでんとおでん定食が置いてあり気にはなったが・・・幕間の為の予約のメニューの中には入っておらず直接行くと今日は満席との事。要領がわからん。次回、行く事があればもっとはやめにいっておでん定食を食べてみたいと思う。

|

« 薄荷羊羹が置いてない | トップページ | 歌舞伎 金門五山桐を観ての印象 »

その他の飲食」カテゴリの記事

歌舞伎劇場内での飲食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薄荷羊羹が置いてない | トップページ | 歌舞伎 金門五山桐を観ての印象 »