« かきめし | トップページ | 2010年3月 狂言の日 横浜能楽堂 »

かつ半 カキフライ定食

3月14日ホワイトデーてあるという事と共に第2日曜日という事で横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日。横浜能楽堂に狂言を観にいく。まずは腹ごしらえ。

桜木町に着いたのがなんやかんやで12時50分ぐらい。狂言は14時からで1時間少し時間がある。で今回入ったのが野毛の「かつ半」というとんかつ屋。通り沿いにあるため何回も通っていて牡蠣フライ定食を出しているのは知っていて今回その牡蠣フライ定食を食べに入る。ちなみに伊勢佐木長者町にも同じ「かつ半」というとんかつ屋がある。ネットで検索すると「かつ半」で引っ張ってくるのはこの2件だけ。この2件はなんら関係はないらしいがこんな近くに同じ店の名前の店があって他にその名前を使っているのがほとんどないというのは不思議な気がする。

2010031415_009

中に入ると一人だったためか店の一番奥にあるカウンターに通される。カウンターの頭上では大きなモニターで競馬中継が流されている。場所がらそれは何処の飲食店に入ってもそんな感じなので仕方ない。

席に着くか着かないかのタイミングで牡蠣フライ定食を注文する。5分かそこら待つと先に牡蠣フライ以外のものが先に出て30秒ぐらい後にカウンターの中から牡蠣フライが出てくる。

2010031415_007

牡蠣の衣は厚くはないがそれほど薄くもない。この店のソースは店オリジナルで濃厚でこってりしたとんかつソースではなくさらっとしたウースターソースのような液体で酸味が結構強い感じ。とんかつには抜群に合うとは思うが牡蠣フライには少し違うかなという感じ。牡蠣は7個あり色々試しながら食べてみる。まずはソースのみで1個。まずくはないが牡蠣のよさを引き立たせるこというと・・・。次にしょーゆ。これは文句なく美味しい。次にタルタルソースこのタルタルソースすごく美味い。このタルタルソースの上をいったのがしょうゆ+タルタルソースで食べる。この食べ方が一番美味しかった。牡蠣は身がしっかりしていて淡白な味の牡蠣を使用。牡蠣フライにするならもう少し濃厚な味の方がいいと思う気もするが十分美味しい味です。でキャベツがそれほど思ったほど美味しくなかった。普通これくらいの細さで切ってあればもっと美味しくてよいと思うのだが・・・ソースとの相性かもしれない。

牡蠣フライ定食1400円美味しかったです。

|

« かきめし | トップページ | 2010年3月 狂言の日 横浜能楽堂 »

劇場近くの飲食」カテゴリの記事

牡蠣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かきめし | トップページ | 2010年3月 狂言の日 横浜能楽堂 »