« かつ半 カキフライ定食 | トップページ | 屯ちん 新宿店 »

2010年3月 狂言の日 横浜能楽堂

昼飯も食べ能楽堂に向かう。相変わらずきつい坂を上る。今日番組は惣八と節分。今回は茂山家の狂言方による狂言。両方とも何処かで観た狂言。

まずは千三郎さんのお話。節分や惣八の解説をしながら他の家との型の違いについて少し話してました。でも多分ここにいる客の半分以上の人は気がついているような話かな?

1曲目 節分  鬼 茂山 逸平   女 茂山 童司

あまり面白くなかった。鬼の動きが今ひとつだった気がする。内容からしてもっとコミカルな動きをしても良いと思うのだが・・・面をつけると大変なのは分かるが・・・鬼の声は太い声でよかったと思う。

2曲目 惣八  料理人 茂山 千三郎  出家 茂山 童司  有徳者 鈴木 実

このメンバーだと千三郎さんが飛びぬけてうまい。有徳者名乗りの時にぴたっと止まる前に名乗り出す。どうなってしまうかと思ったがもちなおす。童司さん1曲目の女とのギャップがありよかった。1曲目とは違い面白く、結構笑えた。

以上感想を勝手に書かせてもらいました。

横浜能楽堂の客のレベルは高い。毎月狂言を観ている方が多いので客同士話している内容が他の会場とは違うような気がするのは私だけでしょうか?とりあえず来月のチケットもゲットしました。

|

« かつ半 カキフライ定食 | トップページ | 屯ちん 新宿店 »

文化・芸術」カテゴリの記事

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かつ半 カキフライ定食 | トップページ | 屯ちん 新宿店 »