« 台湾料理 百味鮮 | トップページ | 2月14日 歌舞伎座 席や食事など »

うな政 国吉田店

今日は静岡方向に用事で行く。南幹線を通っているとうな丼580円の看板が20100213_006 この写真は静岡側から清水側に向かっての写真。

そうこの前ここを通って「うな政」ができているのは知っていた。今日通るまでそんなことは忘れていた。「うな政」は格安のうな丼を出す店で静岡県内に3店舗ありこの国吉田店が4店舗目となるうなぎ料理のチェーン店。何回かこの店のホームページは見ている。以前同じ静岡市内にあるセントラルスクエア店に行こうとしたのだが途中で違う店に行ってしまいそれっきり行っていない。

いつもならうな丼を頼むのだがうな丼が580円の為もう少し贅沢をして800円のうな重と肝吸い130円を注文する。うなぎは中国産。7割りの工程を中国で行う事によってコストダウンをはかっているとの事(うな政ホームページに貼ってある動画より)

最後の仕上げは炭火を使い温めている。それは温めているところが外からガラスばりになっていて見えるようになっている。ほぼ味の付いた(たれがしみている)うなぎを1度タレにくぐらせて温めている。うなぎも串に刺さっているわけではなくせんべいを焼く時に使うような網の焼き器を使ってうなぎを温めている。

出てきたのがこれ20100213_001 うなぎはそれなりに厚みがあり大きさもある。柔らかくそれなりにふっくらしている。たれもこのうなぎにあって美味しい。確かに注文を受けてから職人が捌きはじめる店に比べればはふっくらした感じが足りない気がするがこの量をこの値段なら十分。

改めて思ったのだがこのうな丼1000円程度というカテゴリーをつくるきっかけとなった江戸っ子のうな丼。職人が注文を受けてからうなぎを捌きはじめるうな丼のふっくらした感じ。あのうな丼がランチの時間だけだが900円というのがすごいと感じてしまう。現在、野毛方面に行く予定なし。強引に予定つくろうかなと思う今日このごろ。

|

« 台湾料理 百味鮮 | トップページ | 2月14日 歌舞伎座 席や食事など »

静岡市内・周辺の飲食」カテゴリの記事

うなぎ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台湾料理 百味鮮 | トップページ | 2月14日 歌舞伎座 席や食事など »