« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

麺屋 海神

蕨からの帰り小田急経由で静岡に帰ることにする。蕨~新宿までJR。小田急に乗り換え小田原にという事になるが途中夕食をとる為新宿も街を歩く。で今回入ったのが20100130_023 今回この、店に入るのは2回目。今日のあらは20100130_013 前回入ったときが真鯛・黒鯛・穴子・カンパチ・鮭。2種類変わっている。注文したのがあら炊き塩ラーメンへしこ焼きおにぎり付き。前回行った時は焼きおにぎりを食べなかったので注文する。出てきたのがこれ20100130_016 相変わらずスープが透き通っている。今回感じたのは麺が少し硬めかなという事。まぁそれでも十分美味しい。あと澄んだスープに中に入れたへしこ焼きおにぎり20100130_021 くずして雑炊のようにして食べてみたがラーメンが美味すぎて・・・味がはっきりしていない感じが・・・やはりこのスープはラーメンだと思う。あら炊き塩ラーメンへしこ焼きおにぎり付き950円。少し高めの値段かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月30日 わらびミニ劇場

劇場に入ったのは13時前。あずさ圭さんのステージ

2番、あずさ圭嬢・ファイヤーショーとスネークショー。初めて観る人にとっては新鮮で良いと思うが何回も観ると飽きてしまう。本人バリエーションを変えて色々やっている努力をしているには分かるが・・・2回目のあずさ圭さんの時いた客の数、狭い劇場だけに本人も分かっているはず。私はたまたまその時間に多くの人が買い物に行ったり、タバコを吸いにいっているわけではないと思う。あー蛇が駄目なひとが多いという逃避もあるかもしれないね。

3番、柘榴&一華あやめ嬢 SMショー・ストリッパーがやるSMショーとしてはこれほどハードなものは他では観たことがないがM女がやるショーとすればソフトなもの。柘榴女王様は細身できれいな方だと思います。多分普段はもっとハードな責めをする方だと思います。赤の麻縄が印象的で鞭はかなり柔らかい音がよく出るものを使って使ってました。といってもあれくらいの力で叩かれればかなり痛いはずであやめ嬢もお尻や背中かなり赤くなりミミズバレ残ってましたから・・・。あやめ嬢の責められている時の表情良かったです。また観てみていが今後はどうでしょうねsatsuki嬢が入った事でM女的な事はsatsuki嬢がやっていくかも知れませんね。

4番、葵黄蓮嬢・前回観た(1/23)と同じ演目。スィートロボというタイトルが付いているらしい。面白い動きがあり面白いと思います。

5番、ハーレムベットショー・参加している人や人数によって色々バリエーションは違うがきれい。紅薔薇座はこれが売りです。という感じでこれに関しては毎回なにも言う事なくすばらしいと思います。細かいところは色々あるがそれを全体がカバーしている感じ。

1番、satsuki&真姫 真姫さん今回がストリップ劇場初めてで現在、今後も劇場に乗る予定はないとのこと。踊りをやってきている方細くてきれいな顔立ちをしている。踊りをやっていて踊りをみせるのには慣れているのか線はそれなりにきれい。satsuki嬢。この前(1/23)が初見だと思っていたら先月、颯輝さんという名前で観てました。その時ローラースケートで化粧や衣装が全く違い前回分からなかったです。今回あずさ圭さんの今後の紅薔薇座の活動を話している時にsatsuki嬢がローラースケートを使ったものを・・・・・おう!!この人桜田伝次郎の復活祭で1番最初に・・・であっちこっつのイベントで色々やっている・・・でお腹の変の痕は吊った時にできたもので、その他、少しづつ体に・・・・家に帰ってきて復活祭で撮った写真みて同一人物と確認した。ただ2回目のポラの時の対応の仕方はサクサクと片付けようとしているのは悪くはないが・・・余裕がないのかも知れないが・・・ちょっと気になりました。

1回目の2番~2回目の3番まで滞在。18時ごろ劇場を出る。

| | コメント (0)

蕨駅周辺でランチ

蕨駅に着いたのが12時過ぎ。劇場には13時までには入りたい。今回はネット頼りではなく歩いてよさそうな店を探す。それで入ったのがここ20100130_009 先週に続きとんかつ屋となる。他にもよさそうな店はあったがここにした。中はこじんまりとしているがそれでも20人くらいは座れる感じ。カウンターに座る。カウンターの目の前が調理場になっていて料理をしているところが見える。店員は2人で店主と思われる白衣えお着た人とその奥さんといった感じの方。頼んだのがとんかつ定食(先週と同じ。料金も890円と同じ)出てきたのがこれ20100130_003 20100130_005 ここのとんかつ美味しい。とんかつそのものは薄いとは思うがその辺は値段を考えればそんなもんでしょう。キャベツ・ご飯美味しい。味噌汁ちょっと味は濃いがとんかつにあっている。ソース酸味というよりしょっぱいと表現した方がよい感じのしょっぱさがあるが悪くはない。ポテトサラダクセがなく普通。漬物特別美味いというほどではないがそれなりに美味しい。

なぜここがネットなどであまり紹介されてないか(先ほど検索かけた)よく分からない。お客も地元の人であると思うがかなり入っているし・・・・。

蕨駅から3分ぐらいで蕨ミニ劇場からは2分かからない位置。良い店見つけたという感じです。

| | コメント (0)

清水~蕨その2

1月30日先週に続き蕨に出かける。今回も行きはJRの切り買いで行く予定。先週のようになる事がないようにしてほしい。http://binsat.cocolog-shizuoka.com/blog/2010/01/post-687a.html

で結果あっさり何事もないように買える。20100130_002

清水~大井町2520円・大井町~鶯谷210円・鶯谷~蕨210円合計2940円。これを清水~蕨で買うと3260円、320円の得。で小田急を使うと、清水~小田原1450円・小田原~新宿850円新宿~蕨290円合計2590円。一番安いのは小田急を使うコース、これだと時間帯にもよるが20分~30分遅く着く事になる。

清水~蕨で買って3260円、小田急を使って2590円その差670円私の感覚では30分の時間を670円で買うという感覚なのでこの場合小田急を使う。切り買いの時は2940円なので小田急との差額は350円これで30分ならケースバイケースで全線JRで行っても良い値段かなと思う。これは普段の話で18キップとか使える時期は全線JRを使います。

前回の清水~蕨の補足でした。

| | コメント (0)

松屋のスン豆腐チゲ

山本家のハゲマス会が終わったのが17時ごろで場所が麻生文化センター新百合ヶ丘駅から3分かからない場所。新百合ヶ丘で食事するにはちょっと早くそれほどお腹もすいていない。とりあえず静岡に帰る為小田急で小田原まで行き何か食べようと思い新百合ヶ丘駅に行く。

急行にて小田原まで行く小田原に着いたのが18時20分ぐらい。駅前をうろつく。小田原は何回も降りて駅前で食事などをしている事が多いとこだが今日はここに行きたいという店がなく、チェーン店の居酒屋ばかり目につく。昔はここまでは多くなかったのだが・・・で結局入ったのが松屋。そうあの24時間やっているチェーン店の松屋。

昔はかなりの確率で松屋やすき屋や吉野家という店に入っていたのだが最近あまり入る事がなくなった。辛いものが食べたくて入る。今シーズン松屋ではスン豆腐チゲを出している。よく食べに行ったころは海鮮チゲだった。

スン豆腐チゲセットを注文。うーん辛さが足りない。卵がなぜ温泉卵なのか?そもそもこの辛さなら卵なんていらない。2010012324_007 薬味に置いてある七味唐辛子?一味だったかもしれないをたっぷり入れて食べる。卵は醤油をかけご飯にかける。味は辛さが足りないだけで悪くない。豚肉も思ったよりたくさん入っているし・・・これで500円なら良いと思う。さすが松屋という感じかな。

店を出てJRにて静岡に向かう。

| | コメント (0)

1月24日 狂言の会 ハゲマス会

13時30分頃会場の麻生区文化センターに着く。

この会はハゲマス会という会が主催している。この会には過去何回か来ている。始めの何回かは町田でやっていたがなんらかの事情で川崎市の新百合ヶ丘駅近くの麻生区文化センターでやるようになった。

客層は年配の方が多い。40歳以下の人と思われる人は1割いない感じ。で和服の方がかなり多い。和服でなくても結構きっちりした格好の人が多い。まぁこの客層は山本家の特徴といってもよいのだが・・・今回違ったのが変な香水だか化粧の匂いだか分からんが匂いが気になった。もっと気になったのが演技中に話をしている(しゃべっている)輩が結構いた。これは今まであんまり気になる事がなかったのだが・・・。

1曲目 佐渡狐 これは何回か観たことのある演目で今回は若い世代のみで演じている。若い世代といってももう全員20代後半か30代ぐらいになるのかな?声の大きさ、型がきれい。というのを感じた。

2曲目 樋の酒 これも何度か色々な家の物を観たことがあるが山本家の当主兄弟3人で演じるというのはあまり観た記憶がない。スピード感・型・千鳥足のスピード他の家ではマネできるものはいないというのを改めて感じた。言葉にスピードがあるわけではなく動きにスピードだある。でしっかり止まっている。これはこの家独特の動きでと思う。この年齢と言っては失礼だがでこのスピードはすごい3人とも・・・・。

3曲目 唐相撲 これを生で見るのは初めて。茂山家のDVDは何十回と見ているが。この狂言は先月観た東西迷(どちはぐれ)とは対象的で40人ぐらいの出演者が出てくるもの。ここ10年ぐらいで各家(萬蔵家・万作家・茂山家・山本家)で演じられている。まぁそれだけ狂言方が今充実しているという事だろうと思うが。この狂言に関しては思いっきり楽しい方がいいような気がする。確かに狂言には社会風刺や戒めなどがあるとは思うが。これに関しては茂山家の唐相撲の方が好き。楽しい。できる範囲というのは何なのか?演出する人間が考えることだと思う。アクロバットのような動きが悪いものとは感じない。

以上勝手に思うことを書かせてもらいました。

| | コメント (0)

スリランカ料理 コートロッジ 閉店

蕨パレスホテルから新百合ヶ丘に向かう。新百合ヶ丘には山本家の狂言を観にいく。蕨から新百合ヶ丘に向かうにはJRで蕨~赤羽~新宿・小田急で新宿~新百合ヶ丘というコースになる。そのため新宿で昼飯を食べる事にする。

行ったところがスリランカ料理のコートロッジ。以前より行きたいと思っていたのだが新宿は行きたい店が多く今回初めて行く事になる。2010012324_046 店員はスリランカの人しかいない。(正確ではないがおそらくとりあえず外国人しかいない)頼んだのは休日のランチコースBセット。休日と平日とメニューが違うらしい。私がネットなどで見ていたのは平日のメニュー。

出てきたのがこれ2010012324_014_2 カレーは野菜とビーフとチキンから選択できて主食はライスとパン(ゴタンパ)から選択できる。本当はカレーはマトンを食べたかったがメニューにない。主食はゴタンパを選択。3枚ほどのゴタンパが出てくる。ゴタンパを手でちぎってカレーにつけて食べる。カレーはさほど辛くない。日本人に合わせた辛さなのだろう。私にとっては物足りない感じはする。2010012324_036 インドカレーとスリランカカレーの違いはインドカレーはヨーグルトを使いスリランカカレーはココナッツミルクを入れるという事らしいが確かに言われてみればそんな気もするが言われなければ分からない。

サラダにもうひと品2010012324_040 これが何と言うものか分からない店員に聞いてもよく分からない。帰って調べるとゴタンパパロティというものらしい。厚い皮の中に香辛料で味付けしたひき肉などが入ったもの。皮が厚くて今一つかな?という感じ。

食べ終わると待ってましたという感じで食器を下げられる。でミルクティーとデザートが運ばれる。2010012324_042 確かメニューでは紅茶かコーヒーとなっていたが問答無用でミルクティーが運ばれてくる。スリランカ料理の店に来てコーヒーを頼む人はあまりいないだろうが・・・一応メニューに書いてあるのだから聞いても・・・と思うのだが・・・他の席の人もみんなミルクティーが運ばれている。

味はマンゴープリンは薄味で美味しいと思った。ミルクディーも甘さが抑えられていて美味しかった。これ喫茶店なんかに置いたら値段にもよるが売れるだろうなと思う。

休日ランチBセット1100円納得できるランチでした

| | コメント (0)

農家の居酒屋 雑

ホテルにチェックインしてすぐに外出。お腹がすいている。13時ごろとんかつ定食を食べて以来、劇場で踊り子さんから350缶のビールを買って飲んだだけ。時間は22時半を過ぎている。

どこで飲もうと街をうろつく。ネットで見て何件かの店は頭の中に入っている。で入ったのがこのお店2010012324_025

農家の居酒屋「雑」。黒おでんが気になって入る。入ると結構混んでいる。土曜日という事もあるがもう22時過ぎだ・・・。カウンター席が満席で1組のカップルに席を移動してもらう事になる。

まずはビールを注文。で、おでん。おでんをメニューから選ぼうとするとおでんは日替わりで仕込んでいてその日によってメニューが違い今日のメニューに書かれているものが今日あるものとの事。はんぺん・だいこん・竹輪・がんもを注文する。それと寒ブリの刺身を注文。

お通しが運ばれてくる。お通しはお盆の上に何種類か乗っていてその中から2種類えらぶ形。選んだのがこれ2010012324_026

特に特徴はない。これをつまみながらビールを飲んでいると出てきたのが黒おでんがんもに竹輪・大根・はんぺん2010012324_029 2010012324_030 2010012324_028

うーん本当に黒い。いつも食べ慣れている静岡おでんも黒い出汁ではあるがこれほど真っ黒の出汁は見たことがない。青海苔や削り節をかけているところは静岡おでんに類似している。味は静岡おでんより濃い感じというか辛い感じという表現が良いかもしれない。

はんぺんは静岡でいう東京はんぺん(白はんぺん)使用。真っ黒になっていてはんぺんですといって出されなければ、これなに?という代物。

頼んだ順番が違うがおでんを紹介してしまう。2010012324_035

ウインナーとこんにゃく。こんにゃくはサービスでつけてくれたもの。

2010012324_037 トマト。以上がおでんで食べたもの。独特のおでんで美味しい。また基本的に1品100円というのが良い。

順番を戻す。はんぺんの次に出てきたのが寒ブリの刺身。2010012324_031

絞めててかなりの時間がたっている感じ。どうゆう保存状態だったんだろう?身が柔らかくそれほど冷たくない。

一人で店に入った為か店員さんが話かけてくる。その中で静岡から来て今日蕨には初めて来て(正確には夜過ごすのは初めてだったが話の流れで初めてという事になる)明日には帰るという話をすると。

せっかく蕨にきてしかもこの店に来てくれたのだからという感じでサービスだからといって色々ものが出てくる。おでんと牡蠣が好きという話をするとそれじゃ牡蠣食べますか?とメニューには載っていなかったと思うが焼いた牡蠣が出てくる。2010012324_033

その後この店の看板料理の一つだと思うが、どろ味噌もつ煮を注文する。じゃこれサービスでと言って出てきてしまう。2010012324_032

奥に写っているのが日本酒「中屋」静岡の酒とのこと。静岡に住んでいてこの酒は知らなかった。蔵元は高砂酒造。ここの酒は高砂という名前で出している酒しか知らなかった。

これだけ食べてたったの○○円。これ安すぎて書けません。サービスで出してもらったものが多すぎる感じがする。店員の対応はむちゃくちゃいい店でおでんの味は独特で美味しい。という店。

| | コメント (0)

蕨パレスホテル

1月23日泊ったのが蕨パレスホテル。23日に蕨ミニ劇場にいて次の24日に新百合ヶ丘で狂言を観る為、静岡に戻るより蕨で泊った方が時間的にも金銭的にも有効なため。

蕨ミニ劇場からパレスホテルは歩道橋を渡れば3分かからない。着いたのが10時すぎ。結構こじんまりとしているホテルだが部屋の広さは広い。周りは客引きの女性がうろうろしている。結構色々な都市で客引きしている外国人女性は見ているがここはみなさんといっても2人しか見てないが結構年齢がいっているように見える。まぁそれはさておいて。

ベットは大きいし部屋は広いし朝食はサービスでついてくるし朝食にの内容もホームページで紹介している通りの内容で問題なし。フロントの対応も3人か4人の方と接したがみなさんよい対応。どこかのホテルのように眠そうな顔したフロントが一生懸命対応しているという感じや片言の日本語のフロントが対応している事がなくよかった。ちなみにこれが私の食べた朝食。2010012324_012

このほかに紅茶とゆで卵があったかな。1階のロビーでセルフのバイキング形式になっている。ホテルに泊まっているという事はそに晩、私は確実に近くの居酒屋で飲んでいるので朝食はこんなもんで充分。

楽天トラベルでオンライン予約で5500円。安宿専門の私にしては少し高い気もするところだが(この周辺には3件ビジネスホテルがあるがみんなこの値段)この朝食と部屋の広さから考えれば納得できる価格かな。

| | コメント (0)

1月23日 蕨ミニ劇場

なんだかんだで蕨ミニ劇場に入ったのが14時に近かったと思う。

ステージはNANA女王様の調教ショーが終わったところ???今日は他の女王様の予定だったはず。まぁいいか

5番・葵黄蓮嬢・金髪のカツラをつけた出し物で1曲目はロボットをイメージしているもので今まで観てきた演目の中では一番よかった。初めて綺麗というふうに感じた。やっぱり魅せ方なんでしょうかね。印象がいい方に変わりました。

6番・ハーレムベットショー。前回観たのが銀映で多分日本で一番大きなストリップ劇場で今回が多分日本で一番小さいが劇場で・・・やはり見ごたえがあるのは銀映のほうしょう。小さい劇場は小さいなりによかったが・・・新人のSATSUKIさんがかわいく他の人の動きにあわせようと黒目をあっちこっちに動かしてみていたのが印象的でした。

1番・あずさ圭&SATSUKI。SATSUKIさんの始めに着ていたチャイナ服ではなくアオザイだと思うが印象的でした(曲は中国風の曲だった)この会は黒目を挙動不審者のようにあっちこっちにやる事少なくよかった。あずさ圭さんは安定していて特に印象にない。

2番・一華あやめ嬢。多少余裕が出てきた感じはする。まだまだ伸びていく感じはする。そろそろとめるところはしっかり1発で決めてほしいような気がするが・・・ソロやってどれくらいたつんだろう?へーレムでも1発で決めてほしいところが決まってなかったりしているのは確か。今後が期待される。

3番・楓ありす嬢。こちらの方は引退された方で今回2日限りの出演。この方の現役時代の踊りを観たことはない。引退して半年~2年ぐらいというのは本当にいい体付きになるのではと私は思う。現役時代の鍛えた体でなくちょうどよく丸みがおびて・・・道劇の緑川さんなどもそんな感じだったし・・・。現在6ヶ月のお子さんがいて母乳が出てそれをステージで出したのは超レアーだったと思う。中々母乳が出る時期にステージに乗っている人いないからね。ルックスもいいし本当に現役復帰したら人気でるだりうなと思ってしまう。

4番・NANA女王様。この日一番の活躍。色々なトーク。調教ショーと大活躍。まるで花電車でも見ていいるような感じ。その昔DXなどで調教ショーをやっていて人とは別人という感じ。本人と話によるとその昔TSなどで踊り子を縛った事がある。縄の痕をつけないようにゆるゆるに縛るの大変だったとの事。

3回目の最後のNANA女王様と葵黄蓮嬢とのショーも面白かった。銀映では学生服バージョンを観て今回は特攻服バージョンを観させてもらった。本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました。

全体的のソロが良かった。あと20年後、花電車と金粉ショーとSMショーがストリップ劇場でのこっている事を祈る。その前にストリップ劇場そのものがのこっているか心配だ。

14時ぐらい~最後のステージまで(ポラの時間はいなかった)いて本日泊るホテルに向かう。

| | コメント (0)

蕨でランチ 大作

なんだかんだで13時前に蕨駅に着く。とりあえず飯という事で駅周辺をうろつく。さすがに土曜日という事もあり行きたいと思っていたまぐろ専門店はやっていない。で行ったのが「大作」というとんかつ屋。ネットで検索すると蕨駅周辺に何店舗か支店を出している店。ランチはそれなりにお得といった感じの事がネットで書かれていた店。2010012324_016

とりあえず入ってみる。暖簾だとここが本店とのこと。中はそれほど広きなくカウンターが5席ぐらいに座席10席ぐらい。で2階もあるようで2階の広さは分からないが基本的に1階より広いわけない。

で、1組のカップルと合い席になる。頼んだのがロースカツ定食。ででてきたのがこれ2010012324_010

見た目とんかつは小ぶり。イカの刺身が付いている。

味は・・・・。豚汁は美味しい。カツの衣はうまい。それ以外は定食屋のとんかつ定食という感じ。特に今一つなのがごはんとキャベツ。これを多分低コストでやっている。その分を刺身に当てている感じ。

キャベツの切り方。ご飯のたけ具合問題ないです。それなのに美味しくない。行き着くところ、良いものを使っていない。

まぁ値段も890円と定食屋並みなので仕方ないといえばそれまで。次回静岡から蕨まで出かけていって食べるかと言われれば多分食べないほかの店に行くというでしょう。

でも、値段とのバランス考えると悪くない。近くに店があれば行くかもしれない。

あくまでも私的感覚です。

| | コメント (0)

清水~蕨まで

1月23日9時10分清水駅。今回の目的地は蕨ミニ劇場。1番安い行き方は清水~小田原・小田原~新宿(小田急)・新宿~蕨(JR)だが今回。30分程度早くつくためJRの切り買いをしようと駅員に清水~大井町・大井町~鶯谷・鶯谷~蕨の切符を買おうとするが駅員が分からず時刻表の路線図を見だす。9時16分に電車には乗りたい。で、16分に乗りたいんですがと行ったら何を考えたか訳の分からん料金を言ってきた。清水~蕨の切り買いなしの料金。これじゃどうしょうもないという事で清水~小田原間の切符を買って電車に飛び乗る。

もう話にならん。物事を知らないJRの職員が・・・これじゃJR東日本がかわいそう。JR東海の職員がJR東日本の足引っ張っていれば。切り買いさせなければ料金的にJRが私鉄に勝負できるわけないじゃん。東海は儲けが変わらないからいいんだろうね。

小田原まで競争相手がいないからJR東海はいいんだろうな。

意味わかんない人多いと思うが分からない場合流してください。ただ私は呆れているだけだから・・・・。

| | コメント (0)

踊る大捜査線3 

踊る大捜査線という織田裕二主演のテレビ・映画がある。この物語が結構というかかなり好きで映画の時はネットワーク特別捜査本部なるものに登録して名刺などを作って配ったりしていた。今年の7月に踊る大捜査線3が公開されるとの事。

今回もネットワーク特別捜査本部に登録しようと思い登録しようとしたがうまくいかない。旧捜査員IDはその当時の名刺が残っていてはっきり分かるのだがパスワードを完全に忘れている。どうしても旧捜査員IDでは登録できない為、新しく登録をしなおす。今回の番号は覚えやすくて良い。

このテレビ放送が始まったのが1997年の1月7日。13年前の話。当時私はやはり今いる業界の仕事をしていて20代後半現場でバリバリで仕事をしていた。今度の踊るでは織田裕二演じる青島が係長になっているとか・・・(本当かどうかまだわかりませんが。踊るのオフィシャルサイトで亀山さんが話しているので多分間違いない。)時代と時間を感じる。私はこの2年後心筋梗塞を起こし現場から離れ1年半後に復帰。それから数年で現在の職種の所属長になっている。確かにこの年月を考えれば青島が係長になっても不思議ではないかもしれない。

1997年書いていた日記を見ると1月7日の日記に頭が痛いという話とこの踊る捜査線のことが書いてある。確かに1話から面白いストーリーで夜勤でなければ見ていた。もちろん映画も見てビデオもDVDも持っている。そう踊る捜査線THE MOVIEの時は家にはビデオしかなくビデオを買っている。今、DVDプレーヤーしかないから見れないんだよなー。まぁ見ようと思えばレンタル屋に行けばいいから買いなおす事もないか?

なんにしても、今後オフィシャルサイトやネットワーク特別捜査本部がどう展開していって7月3日を迎えるか楽しみです。

| | コメント (0)

ラッソ 日替わりカレー(ひよこ豆とチキン)

今日は定期受診の日午前中で仕事を切り上げ食事に行く。

行ったのは職場から一番近い、といってもバイクで7・8分かかるが・・・店「ラッソ」に行く。前回行ったのが11月。今回行くとメニューが多少変わっている。毎回頼んでいるランチBセットはドリンクがメニューの中から自由に選べたがコーヒーかジュース(オレンジ・マンゴー・グレープ)になっている。

で今回もランチBセットを頼む。カレーはチキン・キーマ・野菜・ひよこ豆・日替わりから選ぶ。前までは日替わりというのはなかったような気がする。。今回は日替わりを注文する日替わりはひよこ豆とチキンのカレーとの事。ライスかナンかはナンを選択。飲み物はコーヒーを選択。20100120_002

サラダの横にのっているのがタンドリーティッカ・真ん中にあるのがアーチャル。タンドリーティッカは鶏にスパイスを付けタンドリーという窯で焼いたものビールに合う。アーチャルはインドの漬物で味としては大根に香辛料をつけたもの。サラダにはゴマのドレッシングと思われるものがかかっている。

今回は辛さをホットにしてみた。辛さは4段階でマイルド・ホット・ベリーホット・ベリーベリーホットで私はホットがちょうどいい辛さ。豆は苦味があり美味しい。カレー全体が美味しい。ナンは窯で焼いていて美味い。20100120_007

食後に出たコーヒーとデザートデザートは毎回同じものが出ている。コーヒーは結構濃いものを出している。ランチBセット1050円まぁこんなもんでしょう。

| | コメント (0)

かにチャーハンの店 渋谷

道劇を出て夕食をどこかで食べようと渋谷の街をふらつく。色々考えてたどりついたのが「かにチャーハンの店」という名前の店。ここはスタンプカードを見ると過去に3回はきている。一時期静岡にもこの店の静岡店があり1度行った事がある。ホームページを見ると載っていないので多分閉店したんだと思う。

ここのチャーハンの特徴はご飯がパラパラになっていて美味しい。今日頼んだのはカニ玉チャーハンにカニ味噌汁・から揚げセット20100116_005

多分カニ玉チャーハンを食べたのは初めて今まではカニチャーハンばかり食べていた気がする。卵がとろとろであんかけも美味い。オムライスのライスをチャーハンにした感じ。カニはチャーハンの中には入っておらず卵の中に入っている(カニ玉だから当たり前か)ご飯も一粒一粒パラパラで美味い。ただカニが卵の中であるのは分かるがあんかけとかもかかっていて今一つカニを感じる事が出来なかった。カニを直接感じるのにはカニチャーハンの方が良い。全体の美味さでいけばカニ玉チャーハンの方が好きかな。単品で90円カニ玉チャーハンの方が高い。セットメニューだと100円高い。次回来た時はどちらを選ぶか?また違うチャーハンを注文するか迷う。

道劇から直行でくれば多分5~6分ぐらいの距離だと思う。

カニ玉チャーハン・カニ味噌汁・から揚げセット790円。美味しかったです。カニ味噌汁もカニの味噌汁そのもので美味しかったです。

| | コメント (0)

1月16日 渋谷道劇

道劇に入ったのは13時30分ごろ。道劇は今年初めて行く。葉山瑠菜さんの途中から観る。

5番 翔田真央嬢。演目は名前は知らないが3回か4回くらい観ている。蝶の和服に大きな青い羽根の扇子2個使ったもの。舞や体の線などはきれいで素晴らしいと思う。ただ衣装着物の皺と足袋を脱いだ時の足袋の底の汚れが気になった。足袋は白でなければだめなのかな?もっと汚れの目立たない色にするとか・・・1回目2列目の端っこで観ていて気になって2回目は後ろで観てい全く気にならなかった。

6番 トリ 牧瀬茜嬢。赤い和服で始まり30秒後にはベリーダンス風の曲にかわり本人も和服~ベリーダンス風の衣装に変わるもの。印象として赤。口紅の赤。衣装の赤。年齢もそれなりには行っているとは思いますがきれいです。やはり口が大きく歯並びがきれい。小説で単行本を発行したようです。ポラの時何人かがその単行本と一緒にポラとってました。私は何の本なのか分からなかったのでスルーしてきてしまった。道劇で販売してたんだ。買えは良かったと後悔してます。とりあえず近いうちに入手し読んでみたいと思う。

1番 泉希嬢。激しいダンスですね。運動神経がすごいと思います。この人もベテランのいきに達していると思うが若いですね。ダンスが好き。ストリップが好きというのが全身に感じられます。ただ観るたびごとに膝にサポーター(フィナーレの時使用)をしているのと観るたびに咳をしているのが気になります。

2番 鮎川シーナ嬢。前回渋谷に来た時デビュー2周目で見ている。上半身の動きは普通であるが、足の動きは自然にサンバのステップを踏んでいる。この手の子は好き嫌いが分かれるような気がする。

3番 多岐川美帆嬢。化粧と衣装がぴったり合っていてなかなか良かった。前回観た時が女子高生がその化粧か・・・という感じだったのでダンスも上手くなっている。これから3年~5年後道劇があれば道劇のトップスターになっていくかもしらない。本人が辞めなければ・・・七海譲引退公演のポスター道劇に張ってあった。他にもっとこれはという人出てこないかな。

4番 葉山瑠菜嬢。テーマがルパン3世ですね。今回初出しとの事。結構楽しめる内容だし面白いと思う。今回この人が一番良かったです。

1回目の4番途中~2回目のフィナーレまで滞在。客の入りは土曜日なのにこんなもん?13時30分ごろに入って上座の端2列目に座れる。その後段々混んではきたが・・・。

| | コメント (0)

兄夫(ヒョンブ)食堂 渋谷店

1月16日渋谷の道頓堀劇場に出かける。回数券を持っていて早朝割引関係ないためこの時間に出かけようと思っていても寒さが手伝ってなかなかベッドから起きられない。

結局乗った電車は9時2分。18切符を使いきってしまった為。JRで小田原まで行き小田原から小田急線で下北沢、下北沢から井の頭線で渋谷のコース。これが安く効率的に行く行き方。で着いたのが12時30分ぐらい。

道劇に入る前に昼飯に行く。行ったところはヒョンブ食堂。道劇から歩いて2分ぐらいの場所にある。久々に韓国料理が食べたくなり行く。20100116_013

焼肉メニューを入れるとおそらく20種類程度のランチメニューがある。その中で食べた事がない「カルビタン」を注文する。説明書きによると牛の骨つきカルビを水に入れ時間をかけて煮込んだスープとの事。

出てきたのがこれ20100116_007 20100116_012

このスープの中にご飯を入れて食べる。韓国料理ではあるが全く辛くない。味は濃厚でもなくあっさりでもなくコクがあり美味しい。キムチは甘味があり私にとっては辛くない。

値段は945円でこの地域のランチの価格としては高めの設定。美味いとは思うがこの価格なら私はもう行かないかな?という感じです。

| | コメント (0)

池袋でとんかつ

歌舞伎座を出て向かったところは池袋。丸ノ内線銀座駅まで歩き(雨だったので地下を通初めて通ったが結構階段が多い)

池袋に行き、ミカド劇場に入る。入ると篠崎ひめ嬢のポラをやっている。その後フィナーレを見て外出。どこかで夕食をと思い池袋の町をさまよう。とりあえず北口に行ってみる。この辺は中国の東北部の料理を出す店が結構ある。今日は中華という感じではない。

結局入った店がここ20100112_020

ひさびさにとんかつを食べたいと思い探してあった店に入る。みせの前に掲示してあるメニューと値段をみて入る。

先客は1名。雨の日の火曜日、17時すぎ、こんなもんなのかな?などと思う。店には店員が4人。全員男性で板前の白衣スタイル・・・。割烹ではないよな?店の中もカウンターは白い木のきれいなカウンターで店全体が清潔できれいな感じ。私の思っているとんかつ屋とはイメージが違う。値段は確認して入っているので大丈夫だと思うが・・・。

その後女性が一人入ってくる。先にいた男性の客もその女性も常連さんのようで店主が名前で呼んでいる。

キャベツの漬物とお茶が運ばれてくる。お茶は色々混ぜてあるようだがとんかつにあっている。

しばらく待っているととんかつと豚汁が出てくる。20100112_018

注文したのはロースカツ定食。美味い。キャベツも美味いがとんかつが美味い。多少小ぶりだが美味い。正直な話幻の○○豚使用のとんかつなどのうたい文句で出している店のとんかつより美味い気がする。

定食を頼むと味噌汁ではなく豚汁がこの店では付いてくる。ほうれん草などが入っていて美味い。

ロースカツ定食1470円。美味しかったです。

店の名前は壽々屋。店の前の掲示によると創業は昭和31年で現在2代目の店とのこと。

| | コメント (0)

柏戸銀寿司

1月12日歌舞伎を観に歌舞伎座に出かける。今回は諸事情により朝、新幹線にて東京に行く。

いつものように3階席20100112_026

今回も昼飯を銀座三越で買っていく。今回買ったのは全国名産味匠庵で売っていた山形県鶴岡市の柏戸銀寿司の2枚目という名前だったと思うが・・・正確ではないかもしれない。20100112_011 20100112_012

ようは海鮮ちらし寿司の事。値段は1050円量的には少し少ない。底の方に(カニだと思うが)味のついたものと海苔がありこれが美味しい。

正直もう少しボリュームのある弁当探していたんだがこれでもいいかという事にしてしまった。

まぁこんなもんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翁 抹茶錦玉羹

20100112_031 20100112_028

これ何だと思います。今日、日付が変わったんで昨日歌舞伎座で購入した抹茶錦玉羹という羊羹です。

この羊羹は歌舞伎座でしか買えない羊羹です。といっても今は歌舞伎座がインターネット販売しているので絶対に歌舞伎座に行かなければ絶対に買えないというものではありませんが・・・この画像見て何か気づきません。

私は購入した時も差し入れに持っていったもなにも思わなかったのですが。差し入れをした踊り子よりポラコメントで記念品?ありがとうとのこと?

コメントを見た時。この子は何を言っているんだろうと思ったが。これ見ようによっては歌舞伎座のさようなら記念公演で翁というお菓子屋が記念品として配ったものに見える。というか普通そう見える。そのもらったもんを差し入れした感じになってしまった。うーんいまさらこれは普通に歌舞伎座で商品として売られているものでもらったものではないとは言いにくいし、言う機会もない。

もらったものを差し入れにそのまま使う変なケチな奴と思われてしまったのが悔しいかな。せっかく珍しいもん買って差し入れたのに・・・。翁屋この包装やめてくれ・・・・。100年以上続く老舗なのに・・・・。

| | コメント (0)

駅弁 助六寿司

東京からの帰り東京駅にて駅弁を買う。デザインが気に入り助六寿司を買う。20100110_010

買ったはいいがお腹がいっぱいだった為、家に持ち帰って食べる。東京から3時間以上かかり家に着く。で空けてみる20100110_012 20100110_015

助六寿司と言うのは歌舞伎の助六由縁江戸桜の主人公の名前とその彼女揚巻からきているとか・・・江戸時代の人ほしゃれた名前をつけたもんだ。それが200年~300年たった今で使われていてそれが今後も使われていくんだから考えようによってはすごいかも知れない。

東京駅で買った助六寿司はシャリがちょっとしょっぱい感じ。酢が特別なものを使っているかもしれない。

値段は500円。まぁこんなもんでしょうという感じの駅弁です。

| | コメント (0)

1月10日 東京で2食

10日東京に用事があり東京に行った。用事の内容はさておきその時食べたものについて

昼は新橋駅の立ちそば合鴨南蛮そばとミニカルビ丼のセット。私のとって合鴨が立ちそばにある事はすごい事。静岡あたりだと立ちそば屋はもちろん普通の蕎麦屋でも鴨や合鴨を置いているところはあまりない。(私が知らないだけかもしれない)それを立ちそばで出している。

ネギのしっかり焼き目のついているネギ。調理するところ見ていると合鴨は真空パックになっているものの袋をきってそばの上にのっけている。20100110_001

味は・・・そばが柔らかすぎ。つゆが甘い。合鴨とネギは美味い。要はバランスが取れてない。カルビー丼はそれなりの美味しい。カルビ丼と合鴨そばどちらが美味いかといえばカルビ丼たいした素材は使ってないが肉とタレのバランスがよいので美味い。セット価格660円一応納得できるランチだったかな。

夕食は高田馬場でゴーゴーカレーこのカレーは1回食べてみようと思っていて今まで食べる機会がなかったカレー石川県金沢市が発祥のカレーで黒いカレーでボリュームがある。ロースカツカレービジネスクラスを注文出てきたのがこれ20100110_005

ご飯の上にカレーその上にキャベツととんかつとんかつにはソースがかかってくる。この写真は出されたそのままのものの写真。スプーンというかフォークの近いフォークスプーンがご飯の中にささって出てくる。

味は普通。色のせいか少し苦味があるような感じがする。とんかつにかかっているソースは酸味が強い。スパイス・辛味とも弱い感じ。残念ながら私にとってはクセになる味ではなかったようです。

値段は750円17時55分を過ぎると850円。ボリュームはあるが安いとは思えない。普通である。

| | コメント (0)

ひさしぶりに500円ランチ  曙

久し振りに500円ランチに出かけた。家を出たときは何処で何食べようか決めてなかったのだが結果的に「曙」に入る。

13時すぎだったが結構混んでいる。カウンター席に座り迷わず「日替わりランチ」と注文。今日のランチは鮭のバター焼きとのこと。5分ぐらい待つとランチが出てくる。この店日替わりランチが出てくるのは早い20100109

鮭の色が白に近い多分川で取ったものと思われる。それにこんにゃくの煮物・味噌汁・ごはん。

もう20年ぐらい前に、学生時代アルバイトで弁当工場でコンビニなどの弁当を作った事がある。その時海外(名前も知らない国)原産の切り身になった鮭(一箱500切れ、冷凍)になっていた鮭を紅鮭弁当にするとかいっていて色が全然白くて商品にならず着色したらどうだと工場の幹部たちが話していたのを思い出す。

これだけ白い鮭というのはほとんど産卵の為、川にも戻ってきた鮭で人口ふ化の為やいくら目的で採られる事が多く、身の方は白くて人気がないため安く取引されているはず。なのでこの500円は適正価格でこれは安いという感覚ではない。ただ味の方はバター・しお・コショウを使っていてそれなりに美味しい。

|

ら麺亭 浅草

丸太ごうしを出て浅草の町をふらふらして入ったのがラーメン屋。名前が「ら麺亭」20100106_040

店は小さくカウンターのみで10人座れない感じの大きさ。店員が一人でやっている。メニューもそれほどない。店の売りは焼売という感じで看板がかかっている。食券にて注文するかたちになっていて雲呑麺を注文する。20100106_038

飲んだ後なので正確かどうか分からないが基本的には美味い。ワンタンも美味いしスープも美味しい。ただ麺が・・・・ゆですぎ柔らかい。まぁたまたまこうなってしまったんだろうがこれはちょっと・・・という感じの柔らかさ。店員がバイトだったのかも知れないし初めて入った店だから分からんがこれだけ基本的なとこが美味くて最後の麺のゆでで失敗しているというのは残念。

他の方の注文でマーボー丼などをつくっていたのは分かるが・・・うーん今日の店員がバイトである事を祈る。もし店の店長や経営者であればこのゆですぎの麺を平気で客に出したという事であれば値段が安かろうがなんだろうが感覚が悪すぎる。肉雲呑麺520円なり

| | コメント (0)

おでん 丸太ごうし

本日行った店は浅草にあるおでんの老舗丸太ごうし。20100106_034

看板によると創業は大正15年との事なので84年という事になる。この界隈ではこのくらいの年数の店ならば結構ありそうな気がするが・・・。

店に入ると客はまだだれもいない。開店を待って入っているのだから当然か。

お店は60代くらいの店主とその娘さんと思われる2人でやっている。20100106_027

まずは日本酒を注文する。白雪の純米を注文。熱燗してもらう。うーん味はおでんにぴったりで癖の少ない酒。量が好くないのが難点。キャベツ巻き・ジャガイモ・こんにゃくを注文。

店にはメニューと別名がはられている20100106_026

こんにゃくが絶妙のかたさで美味しい。ジャガイモはすこしかたいところとしょうどいいとばしょがあり。基本的にカツオだしが利いていて美味しい。結構長い間、出汁を継ぎ足している感じ。現在にている出汁の色と継ぎ足している出汁の色が全然違う。次に生牡蠣を注文20100106_029

岩手産との事。まぁこれだけポン酢や何やらかけるのであれば岩手産の淡白な牡蠣でも十分かなという感じ。次に注文したのがすじにつみれメニューには載っていないお正月だけに出している八頭(やつがしら)というたねがあるというのでそれも注文する。20100106_031

八頭は里芋を上品にしたような感じの味。通年であるものならそれほど食べたいものではないかもしれない。つみれは癖がなく美味しい。私の好みではもっと魚臭いほうがよいがおでんのバランス考えるとこんなもんかなという感じ。20100106_032 20100106_033

を食べるどれも美味しい。普段食べている静岡おでんにはない白はんぺん・たこ・ばい貝を注文。バイ貝は最後まで食べる方法を教えてもらう。

多分1時間ぐらいの滞在だったと思う。店主は気さくな人で静岡の富士川に疎開でいた事もありいろいろ知っていて話が楽しかった。当たり前の事だが自分が好きでうまいと思うものしお客にはださないなどという事も話していた。

おでんの値段は1個1個は表示されてなく100円~500円との事。殻かき2個450円・日本酒白雪純米酒450円・賀茂鶴樽酒650円。合計が4250円だった為、おでんの料金が2700円10品頼んでいるので1品270円という事になる。何が高くて何が安かったのかは不明。おでんにしては高めかな。でも1品1品の料金は多分80年以上表示されてなかったのだろうからこれからも表示しないという伝統を守ってほしいと思う私がいる。

| | コメント (0)

浅草 ぶらぶら

浅草公会堂を出て浅草寺に行きお参りやおみくじ。そういえば世間では私は厄年という事を思いだし厄除けのお守りを買う。神社の方で猿回しをやっていてしばらく見学20100106_018_2

これは1歳ぐらいの猿で前座でやっている猿でかわいい。前座の猿の方が好感がもてたので写真はっときます。

その後浅草の町をぶらぶら。日が暮れはじめ浅草寺の5重の塔がライトアップされる20100106_024_2

浅草をうろうろして本日行こうと思っていた店の開店時間となりそこに向かう。

| | コメント (0)

1月6日 浅草歌舞伎 第一部

浅草公会堂に着いたのは10時30分ごろ20100106_006

浅草公会堂に来るのは初めて。とりあえずチケットをチケット取引機で引き取らなければ・・・何処に置いてあるのだろう。公会堂の外にはない。中か?チケットなくても中に入れるだろうか?など考えながら流れにそい公会堂に入っていく。幸いというか当たり前のようにすぐに分かる場所に取引機は設置してある。今回も一番安い値段の席3階席2000円なり。

公会堂の中は人が沢山で・・・色々なものを販売している。弁当に人形焼き・せんべいなどの食べ物から役者のグッツまで歌舞伎座なみとまでは行かないが結構販売している。違った点はここは物売りが商品を持って販売にくる。1階や2階だけでなく3階にも肩から箱をぶら下げそこに商品をいれ売りにくる。

感想は書いてみましたがどうにも知識がなく表現がまとまらず時間ばかりたってしまう為、今回もなしという事で・・・全体的には面白かったです。

| | コメント (0)

あんです  あんぱん

深川めしを買う前に実は寄った店がある。それはあんぱんが常時20種類以上置いてあるというパン屋さん20100106_002

もともとこの店はあんこを製造している会社がもっとあんこを食べてほしいという事で始めたアンテナショップでそこであんぱんをメインにした店をつくり次の代で本格的にパン屋として営業している店との事。

買ったのが塩あんぱんにメロンあんぱんにゆずあんぱん。

始めに塩あんぱんを食べたがこれはどこにでもありそうなパンでそれほどすごいとはおもわなかったがメロンあんぱんを食べ驚いたアンの色は濃い緑でちょっと躊躇するがこれが今まで食べたことがない餡で甘くておいしい。次に食べたのがゆずあんぱん。これも今まで食べた事がない餡でパンともあっていて美味しい。20100106_012

写真を撮ったのは浅草公会堂でリュックサックの中に入れていたらパンがつぶれていてしまった。売られているものはもっと形が整っているのでよろしく。値段は今レシートをみていて120円が1点140円が2点で400円だがどれが140円でどれが120円か覚えていない。浅草に行く事があればまた行きたい店です。

| | コメント (0)

東武鉄道 浅草駅 深川めし弁当

1月6日浅草に行く。新春浅草歌舞伎を観るためだ。浅草歌舞伎を知ったのはTVに中村勘太郎さんが出ていて新春は浅草歌舞伎に出ているという話をしていて知った。

とりあえず清水~浅草に行く。今回時間の関係があって珍しく新幹線を使う。6日まで正月料金でぷらっとこだまもそれほど安くないし金券ショップなどで使っている回数券も使えないため通常の料金で行く事にする。新幹線で東京まで行き山手線で上野まで行き地下鉄銀座線で浅草へ行く。

浅草に着いたのが9時40分ぐらいで浅草の町を徘徊する。前回浅草に来たのは3年前友人4人と韓国旅行に行った時で成田発が21時過ぎの飛行機でそれまで東京のどこかで遊ぼうという事になり浅草に来た。それ以来になる。

歌舞伎を観る前に今日の昼飯を調達する。行ったのは東武線浅草駅。駅弁を買う。歌舞伎の会場は浅草公会堂で時間が時間だけに会場でも弁当などは販売するだろうが確実なのは弁当を買って会場に入るのが一番確実という事で弁当を買いに行く。買ったのが深川めし20100106_010 20100106_011

アサリがかなりの量入っていて美味い。おかずもそれなりに入っていて美味い。この駅弁。かなり良い。ちなみにお弁当などは会場で歌舞伎茶屋や地元の店なども入っていて持って入らなくても全く問題なかった。値段は歌舞伎座並みだと思うが。

深川めし850円納得できる駅弁でした。

| | コメント (0)

1月2日 銀映 紅薔薇座

銀映に着いたのは12時30分ぐらいだったと思う。マックスバリュで買出しして入る。20100102_012

三上メイサさんのポラをやっている。客席は7~8割の入り。何とか最後尾であるが席を確保できる。

全体的にすばらしい公演です。行ってそんはない公演だと思います。

1回目の2番~3回目の1番までいた。劇場を出たのは20時5分ごろだったと思う。すこし感じたことを書いてみようと思う。

1番、三上メイサ嬢。この紅薔薇座の中では1番好きな方です。ダンスは何とか見れるかなというところまできた。ポーズはまだピタと止まっていない事がほとんどソロ初めてからそれほどたっていないのでこんなもんでしょう。体付きは多少しまった感じあり。来週紅薔薇座以外の公演でデビュー。今後が楽しみ。

2番、花宝鈴嬢。この方を前回観たのは夏のまさご座の紅薔薇座の公演。1回目が金粉ショー。ストリップ劇場の金粉ショーを観るのは初めて。金粉ショーというものがどれくらい前からありどうゆうふうに継続されてきたか私は知らない。ただ金粉ショーは大道芸として残していってほしい。ただ昨今の状況としてはなかなか猥褻との指摘があり大道芸で残していくには難しいのかなとも思える。最終的に残るのがストリップ劇場や芝居小屋なってしまうのかな?2回目は普通のストリップでダンスも美味いしルックスもいいしこの人なんで紅薔薇意外の劇場に乗らないんだろうと思ってしまった。

3番、一華あやめ嬢&葵みさ嬢。・・・・葵みさ嬢には驚かされました。葵みさは実は○○女王様というのは世間で知られている事なのだろうか?書いていい事なのかどうか分からないがDVDも出していて現在たしか六本木のSMショーパブの店長だったと思うがチョー有名女王様です。昔はたまにストリップ劇場で調教ショーなどをやっていたのは知っているがショーパブの店長になってからは1度も観た事がなかった。この人が脱いじゃう。これだけでも価値がある。SMショー自体はすごいソフトなものです。M女のあやめ嬢にあわせている感じです。(紅薔薇座のホームページBBSや蕨ミニのホームページにNaNa女王でのっているので問題なかったようです。1月18日追記)

4番、あずさ圭嬢。この紅薔薇座の座長。ファイヤーショーと蛇を使ったショー。うーん色々と工夫されているが何回も観ているとあきるね。

5番、葵黄蓮嬢。感想は前回と変わりません。この方はある程度完成されたものがあります。その完成されたものが私は好きではないわけでこれはどうにもならないと思います。でもこの人が持っているものはすばらしいと思う。

6番、ハーレムベットショー。今回は出演されてい葵みさ嬢以外の5人でのショー。綺麗です。これは文句なしで良い。他では絶対観れないものなのでこれを観に行くだけで価値がある。細かいミスは5人でやるので目立つがそれは問題ないほど綺麗。満足です。

2回目の5番に葵黄蓮嬢&葵みさ嬢のレズショーがありこれもコミカルで面白かった。

10日が公演終了。もう1日行きたいと思い日程を調整する私がいた。

| | コメント (0)

恵比寿カフェ 

今日というか日付けが変わっているので昨日1月2日名古屋の銀映に行く。今回は18キップを使っている為清水駅~大曽根駅というコースをとる。名古屋まで行って地下鉄で車道というコースもあるが地下鉄の料金がかかってしまい歩く距離はほとんど変わらない為、大曽根駅経由で行く事になる。

まずは腹ごしらえ。以前から気になっていて恵比寿カフェというところに入ってみる大曽根駅南口から歩いて銀映に向かう途中あり駅から7・8分歩くとマックスバリュがありそこの敷地の中にある店。銀映からは信号待ちがなければ3分かかるかどうかの距離。

ここは何回か通っていて銀映から近いカレーとハンバーグの店で飛騨牛を使っている。1回入ってみたいと思っていて今回入ってみる。中は喫茶店とファミリーレストランの中間という感じの店。20100102_010

注文したのがYEBISUカレーでカレーを注文するとサラダとその日のデリーが1品付くとのこと。この日のデリーは紙にマジックかなんかで書いたものが3品あったそのうちの木綿豆腐を使ったものがあったので木綿豆腐のなんとかかんとかというのが面倒だったのでデリーは何にしますかという店員に「木綿豆腐」と言ったら男性の店員がきょとんとした顔したんで、これと木綿豆腐のなんちゃらと書いてあるのを指さして注文する。

出てきたこれ20100102_002

20100102_006 サラダに木綿豆腐に野菜が少し乗ったものにカレー。あこれが木綿豆腐のなんちゃらなんだと思う(メニューは注文後すぐに店員が持っていってしまった為確認ができない。他の2品がなんだったのかも確認できない。木綿豆腐という文字につられて瞬間できめてしまっている為)

カレーの味は飛騨牛のフォント香味野菜が溶け込んだ絶品カレー(お店のホームページ引用)という事だけの事はあり味は複雑です。酸味強く辛さが弱い。確かにカレーではあるがハヤシライスに近い感じがする。2個肉片が写真でも分かるがこれ油身で美味いとは思えなかった。でとどめが注文と品を運んできた店員と違う店員が水を注ぎにきて物事が発覚。木綿豆腐ソースがかかっていないと・・・。でソースを持ってくる20100102_008

「こちらがソースになります」だとよカレーを半分以上食い終わっている。サラダと豆腐の方が先にもってきている。当然食べ終わっていてもおかしくない。

完全にソース付け忘れか、かけ忘れているのにその事のはなにもふれずに「こちらがソースになります」ともってくる店員。この店だめだ。味は普通以下店員は話しにならない。

まぁ今後2度と入る事はないでしょう。となりのマックスバリュは行くでしょうが。

値段書き忘れました。YEBISUカレー800円なり。

| | コメント (0)

1月1日

明けましておめでとうございます!!

もう新年に入って9時間以上経ってしまった。大晦日が仕事だった為、なんか何にもしないで新年になってしまった感じ。

昨年は1日仕事に出て2日道劇にいてそのまま東京で宿泊して次の3日西川口にというスケジュールで正月の3日間はほとんど家にはいなかった。今年は家にいる時間が多い。家にいてもやる事はない。TVやDVD見ながら酒を飲むぐらいしかすることはない。

去年の正月は楽しい時間を過ごせた。今年はどうだろう多分去年ほど楽しい事はないだろう。これどうしても行きたいという劇場と踊り子がいない。去年オキニが3人引退して劇場に行く回数も一昨年に比べて減っている。今年はもっと減りそう。これは!!という踊り子が出てくればまた劇場に行く回数が増えるんだろうが。その分狂言や歌舞伎に行く事が増えそうな感じ。

今日は日本酒飲みながら狂言のDVD観ぱなしの1日になりそう。20100101

ちなみに徳利の中身は開運の純米吟醸酒。吟醸酒を燗にするのはいかがなもんかという意見もあろうが私はある程度の熱さであれば美味いと思う。しっかりと造った酒は飲む前に温めた方が美味いと思う。多分少数派だろうが・・・。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »