« 新宿 登亭のうな丼 | トップページ | 12月6日 道頓堀劇場 »

女王様の毒艶会 桜田伝次郎復活祭

登亭を出て少し時間があった為に新宿の街をブラブラして13時20分ごろ会場に着く。会場は雑居ビルの4階。エレベーターで4階にと思ったがすでに行列ができている。今回メールでは問い合わせたが予約はしていない。この行列が予約ありの人の行列なのか予約なしの人の行列なのかわからない。とりあえず並ぶ。

とりあえず壁側のベンチ椅子に座る事ができた。会場は満杯で1部の椅子を外に出して立ち見にして何とか入ったというか入れたという感じでショーは始まった。

まずは颯輝さんのパフォーマンス。ローラースケートを使ったもので15分~20分ぐらいのものだったと思う。このイベントの後、道劇に行ったのだがその時篠崎ひめ嬢もローラースケートを使った演技をしていてこの前、匠悠那嬢もローラースケートを使ったものをやっていたもしかして、ひそかなブーム?

次に夏樹女王様とM女さんのSMショー。夏樹女王様を観るのはいつ以来だろうか多分DX歌舞伎で観てはいるはずだが2年~3年前は観ていない。黒のラバーの衣装で胸がチラと見えて感じとしはルパン3世に出てくる峰不二子を思わせるような感じ。それこそ大宮での彼女のショーを観ているだけにその頃の激しいショーではなく、内容は普通のものという感じ。生のギター演奏と生の歌というのは斬新ではあると思うが・・・。でもすごく夏樹女王様はきれいになっていました。

次が雷火女王様と結さん。多分雷火さんを観るんは初めてだと思う。お相手の結さんは普段ストリッパーの結奈美子さんとして活躍している方で何度もストリッパーとしての舞台とM女さんとしてのものも何回か観ている。吊るしの時に白い肌に縄がくいこんでいき外した時くっきりと縄のあとが残っていったのが印象的だった。注文をつけるとすると結さんの声が大きく・・・もっと耐え凌ぐ感じがあったらもっとよかったのに・・・猿轡もひとつの手かと・・・。

次が上条早樹女王様と愛子さんのSMショー。今回のSMしょーで一本鞭を使ったのはこの組だけでした。両方ともSMショーはかなりの数はそれなりの数をこなしている方で愛子さんの表情がよかった。結構責められているのに愛子さんのタフさはすごいと思う。

次が狩野千秋さんとM女のショー。縛りが中心でなかなか見ごたえがあったです。この方も今までに何度も観た事があり。M女の圭子さんとのショーが印象的。3年ぐらい前の道劇。かなり激しものやっていたなー。

それから松本格子戸さんの桜田伝次郎氏の紹介や今回出演者の今後のイベント出演の告知などあり。いよいよ今回のメインろ言っていいだろう。桜田伝次郎氏のショーがはじまる。今回が25年ぶりのSMショーとの事。

これが今はなき明智伝鬼の師匠。伝説の人のショー。縄の縛り方はシンプル。浣腸がメインの組み立てで面白い。鼻フックは正直驚いた。その時代のあったのか?ショーのあと伝次郎氏が出てきて格子戸さんとトークをしたのだがその鼻フックは明智伝鬼の手作りの品との事。確かにしっかりと鼻が吊れていた感じがする。これはM女さんの鼻の形にもよるので観ているだけではわからない。なぜ浣腸をメインにもってきたかというのは1番最初にSMショーをやったのが浣腸ショーで今回それで浣腸をメインにもってきた組み立てになったとの事。正直なところもっと時間をかけたものを観たい。伝次郎氏がかなり年齢いっているため長時間は体力的に難しいのかも知れないなどと考えてしまう。

14時~18時30分過ぎまで4時間30分以上。いい時間を過ごせた。満足して渋谷道劇に向かう。

|

« 新宿 登亭のうな丼 | トップページ | 12月6日 道頓堀劇場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新宿 登亭のうな丼 | トップページ | 12月6日 道頓堀劇場 »