« オイスターバー ジャックホット品川 | トップページ | 小田原駅 鯛めし »

横浜能楽堂 狂言の日

11月8日日曜日、横浜能楽堂が勝手に決めた狂言の日。チケットが取れた為今月も行く。ちなみに来月の分はチケット取れなかった。

今日は茂山家の狂言、演目は文蔵と濯ぎ川。茂山家の狂言の特徴としては理論より人を笑わせる楽しい狂言を追求しているというのが私の印象。

まず茂山茂さんが出てきて解説。横浜能楽堂の客は狂言を観慣れている方が多いので狂言についての解説は省いて演目についての解説ののみしますと言ってから解説を始める。解説は特に特徴は無かったように思う。

1曲目 「文蔵」  主人    茂山 千五郎
           太郎冠者 茂山 七五三
 この曲は1度山本東次郎家がやったのを観ている。千五郎と七五三のコンビで演じれれる。この二人のコンビは私個人的には現在の茂山家の中では一番円熟しているコンビではないかと思っている。確かに第1世代の人間国宝の千作とその弟千之丞のコンビもすごいとは思うがいささか動きに年齢が・・・。

狂言の内容は始まりはこないだ名古屋で観た「菊の花」とほぼ同じ。太郎冠者が無断で休みどうも旅行に行っていて昨日帰ってきたらしい。太郎冠者の家に行って太郎冠者を怒ってやろうというところから始まる。このパターンを抜け参り物と分類している。で主人は太郎冠者が都に行った事を知り土産話などを聞きたいと思い太郎冠者を大して怒らず許して話を聞くそうすると都にいる主人の叔父の家により何かご馳走になった。太郎冠者はご馳走になったものの名前が思い出せない。そこですったもんだあるという内容。

スムーズで流れるような感じで物語がすすんでいき面白かった。

2曲目  「濯ぎ川」   男  茂山 七五三
              女房 茂山 茂
               姑  茂山 千三郎

 この曲は昭和に入ってつくられた曲でたくさん笑える場面をもった曲。過去にも茂山家がやるのを観ている。このメンバーあたり役でよかった。茂はわわしい女をやるのはすごく似合っているなぜ似合っているかというと声がわわしい女という設定のものにぴったりしている感じがする。でもう一人、千三郎この人はコミカルな動きが得意。気の弱い鬼とか今回のような気の強いおばあさんというのはコミカルな動きが笑いを2倍にも3倍にもしてくれる。そうゆう事では今回の濯ぎ川はあたり役を2人がやっているような気がする。男は若い人よりある程度年齢がいった人がやればそれなりに面白い気がする。

2曲観た感想は率直に笑えた。家によって本当に狂言というのは違うのを感じる。

|

« オイスターバー ジャックホット品川 | トップページ | 小田原駅 鯛めし »

文化・芸術」カテゴリの記事

狂言.歌舞伎など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オイスターバー ジャックホット品川 | トップページ | 小田原駅 鯛めし »