« 関内~清水まで | トップページ | 鰻 いいだ »

うなぎ 篝火

今日は変則的な日程になり葵区の篝火という鰻やで昼食をとる。20091016_008

持ち帰りが中心になっている店で持ち帰りの方の店が「かかりび」店で食事をしていく方の店が「篝火」20091016_006

持ち帰りの方の店内の様子はよく分からないが椅子が置かれている様子。

「篝火」の店内はカウンター5席に4人座れるテーブル一つとこじんまりしている。店は多分男性1人女性2人で切り盛りしている。「篝火」からは厨房が全く見えない構造になっている。11時30分前に入店する。営業は11時からとの事。うな丼の梅を注文する。

5分ぐらいで、うな丼が出てくる20091016_001

どんぶりは結構お洒落でお金がかかっていそう。蓋を開けてみる20091016_002

鰻の匂いと肝吸いの湯気が何ともいえない。

鰻は5分で出てきている為注文があってから裁いているわけではなくある程度の予測を元に裁き始め焼いているか最後の焼きを入れる段階までの鰻をつくり置きしているかだが厨房が全く見えない為分からないし味で判断できるほど通ではないので不明。

身はこの前食べた江戸ッ子のものより厚い。タレの味は濃くご飯にかけられている量も多い。好みをいえばもう少しあっさりしている方が好き。でも基本的には美味しいと思う。

肝吸いはしっかり大きめの肝が入っていて美味しい。まぁ持ち帰りが中心だと肝は結構余るだろうからこの辺は良いものを使っている感じがする。

漬物、これは文句なしで美味い。特にきゅうりが美味しかった。「うな丼 梅」980円満足できる昼食でした。

今後1000円程度で食べれるうな丼を食べてブログに載せて行こうと思う。やっぱり鰻丼は庶民の味でなければ。なんてね。

|

« 関内~清水まで | トップページ | 鰻 いいだ »

静岡市内・周辺の飲食」カテゴリの記事

うなぎ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関内~清水まで | トップページ | 鰻 いいだ »