« なんてこった | トップページ | 支那そば りょう 閉店 »

ドメイヌ・ソガ ミヤマニシキ 2008

昨夜、ドメイヌ・ソガ ミヤマニシキ2008という酒を飲んだ。20090724_006

長野のワインを作っている蔵元が造っている日本酒で全てにおいてこだわりをもって造っている酒で採算を無視して趣味で造っている酒。酒造米も自分の田んぼで自分で栽培したものを使っている酒。もう一つのブランドのソガ・ベールになると自分の所の田んぼの米ではなく地元の契約をしている農家から取り寄せた米で造っている。昨年は自分の所の田んぼが不作だったためドメイヌ・ソガは造っていない。ソガ・ベールのみの生産になったとの事。米の品種は名前にもなっている「美山錦」で酵母は協会7号長野の宮坂酒造で生まれた酵母。(記憶が正しければ)美山錦と7号の組み合わせとなると宮坂酒造の真澄を思い出す。これも美味しい酒でした。今は真澄をあまり飲んでないので分かりません。

こういうこだわった日本酒の為生産量が本当に少ない。そのため私はこの酒を飲むのはこれが初めて。

この酒の肴を何にしようか悩んで決めたのがこれ20090725_005

特大の徳島産天然岩牡蠣3個。大きさは20090725_006_1

私の手の平との比較です。私の手のひらは小さい方ではありません。ついでにもう1枚20090725_004_2

こんな感じです。これを清水河岸の市で仕入れてドメイヌ・ソガを飲む。書き忘れたがソガというのはこの酒を造っている人が曽我さんという名字。

生酒・無濾過・無炭素剤・無除酸の酒。口のなかに入れるとかすかにプチプチと炭酸がある。ここまでくるのにしっかり管理されている事が分かる。味は私は生酒ですというのを主張しすぎている感じあり。美山の良さ7号酵母より新鮮であるというのが強すぎる。これなら吟醸酵母を使った方が良い。この酒の肴はこの牡蠣では弱い。急遽これを出す。20090725_020

かにみその瓶詰め。これがぴったり肴として合う。別に牡蠣が大きくて大味だったのではなく十分に味があって本当に旨いものなんだがこの酒にはもっと味の濃いものがあうで冷蔵庫の中にたまたまあったかにみそで飲む。ワイングラスで飲んでいたが、これはもしかしたらお燗したほうが旨味がでるのでは(美山に7号が表に出てくる)と思い行動に移す。なんかのひとつ覚えでこんな良い酒しかも生酒をお燗するなんて馬鹿だと思うかも知れないがきっちりとした造りをしている純米酒がそんな簡単にこわらるわけがないというのが持論ですので・・・とにかく暖めすぎないように日向燗程度をめざし少量の酒をお燗する。20090725_019

旨い。燗したのに炭酸がかすかに残っている。旨味(美山錦のくせ)が出てきているような気がする。

といっているうちに750ml全部のみ干してしまった。

ドメイヌ・ソガ・ミヤマニシキ2008良い酒でした。

|

« なんてこった | トップページ | 支那そば りょう 閉店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

牡蠣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんてこった | トップページ | 支那そば りょう 閉店 »